スマートフォン版へ

ハープスターとキズナの対決に注目/京都記念の見どころ

  • 2015年02月09日(月) 12時01分
 昨年は最強牝馬ジェンティルドンナが出走するも6着と惨敗を喫した京都記念。今回は昨年の桜花賞ハープスターと、ここで復帰のダービーキズナとの対決に注目が集まる。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

■2/15(日) 京都記念(4歳上・GII・京都芝2200m)

 ハープスター(牝4、栗東・松田博資厩舎)は凱旋門賞6着、ジャパンC5着と昨秋は結果を残せなかったが、今回のメンバーなら力上位は明白。今の前が残る馬場など不安要素はあるが、ここは勝ち負けに持ち込まなければいけないところだ。

 キズナ(牡5、栗東・佐々木晶三厩舎)は今回骨折明けで、昨春の天皇賞以来のレースとなる。坂路で好時計をマークするなど調整は順調で、ハープスターとの対決を制しての復活Vが期待される。

 ラブリーデイ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)は前走の中山金杯を制したあとも順調に調整が進んでいる。その前走の勝ちっぷりから上記2頭以外に対しては力上位と見てよく、ここはどちらかを崩すことができるかに注目が集まる。

 その他、年明けの中山金杯では惨敗も昨秋の天皇賞で4着に入っているラブイズブーシェ(牡6、栗東・村山明厩舎)、休み明けを一叩きしたハギノハイブリッド(牡4、栗東・松田国英厩舎)など、少数精鋭の好メンバーで行われる京都記念の発走は15時35分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す