スマートフォン版へ

フェイムゲームが差し切り連覇達成!/ダイヤモンドS

  • 2015年02月21日(土) 17時47分
 21日、東京競馬場でダイヤモンドS(4歳上・GIII・芝3400m)が行われ、スタートで遅れ後方からの競馬となった北村宏司騎手騎乗の1番人気フェイムゲーム(牡5、美浦・宗像義忠厩舎)が、直線に入って馬群を捌きながら脚を伸ばして、一旦先頭に立っていた2番人気ファタモルガーナ(セ7、栗東・荒川義之厩舎)を捕らえ、これに2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分31秒9(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に8番人気カムフィー(牡6、美浦・鈴木康弘厩舎)が入った。なお、3番人気ステラウインド(牡6、美浦・尾関知人厩舎)はカムフィーとクビ差の4着に終わった。また、後藤浩輝騎手騎乗の14番人気リキサンステルス(牡5、美浦・奥平雅士厩舎)は2周目4コーナーで落馬、競走を中止した。

 勝ったフェイムゲームは、父ハーツクライ母ホールオブフェームその父アレミロードという血統。昨年に続く本レースの連覇を達成した。重賞はこれで4勝目。

【勝ち馬プロフィール】
フェイムゲーム(牡5)
騎手:北村宏司
厩舎:美浦・宗像義忠
父:ハーツクライ
母:ホールオブフェーム
母父:アレミロード
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:15戦5勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2014年アルゼンチン共和国杯(GII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す