スマートフォン版へ

【潮来特別】(中山)〜マリアライトが3馬身差で快勝

  • 2015年03月08日(日) 16時00分
中山9Rの潮来特別(4歳以上1000万下・芝2500m)は、2番人気マリアライト(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分39秒6。3馬身差の2着に1番人気ディスキーダンスが、半馬身差の3着に7番人気エイダイポイントがそれぞれ入線。

マリアライトは美浦・久保田貴厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト母クリソプレーズ(母の父エルコンドルパサー)。通算成績は9戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 マリアライト(蛯名正義騎手)
「いつもは待って待ってという競馬で、なかなかグンと来る感じがなかったのですが、中山ということもあって意識的に早めに動きました。これからまだまだよくなるでしょう」

2着 ディスキーダンス(戸崎圭太騎手)
「いい雰囲気でした。レースも上手に走っています。最後は勝ち馬と切れ味の差が出て、置いていかれましたが、よくがんばっています」

3着 エイダイポイント(岩部純二騎手)
「チークピーシーズをつけて、スタートはポンと出てくれました。かかるぐらいの行きっぷりで、いい位置で流れに乗れました。チークピーシーズの効果なのか、ガーッとハミをかむところはありましたが、何ともいえません。馬はしっかりしていました」

4着 ナンヨーケンゴー(岩田康誠騎手)
「ペースが上がったときに置いていかれました。速い脚がありません」

8着 キネオワールド(吉田豊騎手)
「きつかったですね。うまく外に出せればよかったのですが......。どちらかというと、外目のいいところで3〜4コーナーから動いて、直線でビュッと脚を使うタイプですからね」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す