スマートフォン版へ

オリエンタルアートの訃報に池江師「この馬のおかげでウチの厩舎が…」

  • 2015年03月09日(月) 12時00分
 11年の三冠馬オルフェーヴル、09年春秋グランプリ優勝のドリームジャーニーを輩出したオリエンタルアート(牝、父メジロマックイーン)が7日、北海道白老町の社台コーポレーション白老ファームで死亡した。死因は子宮穿孔(しきゅうせんこう)による腹膜炎を発症したため。まだ18歳で、4日に父ステイゴールドの牝馬を出産したばかりだった。

 現役時代は23戦3勝と目立った成績を残せなかったが、繁殖牝馬として成功。デビューした産駒8頭のうち7頭がJRAで勝ち上がり、オルフェーヴルドリームジャーニーでGIを計9勝。これはスカーレットブーケ(ダイワメジャー5勝、ダイワスカーレット4勝)と並ぶ記録だ。

 同ファームの橋本裕充場長は「子どもが生まれるまでは注目されなかったが、繁殖として素晴らしい成績を残してくれた。ぜひこの血を残していきたい」とコメント。オルフェーヴルらを管理した池江師は「残念です。この馬のおかげでウチの厩舎があると言っても過言ではない。残っている現役馬でお母さんの名に恥じない功績を残したい」と語った。

 オルフェーヴルドリームジャーニーなどステイゴールドと相性が良く、昨秋のデイリー杯2歳S2着馬アッシュゴールド(牡3歳、栗東・池江)に、13、14年に生まれた1、2歳の牝馬も父はステイゴールド。大動脈破裂により、2月5日に21歳で急死したステイゴールドのあとを追うような訃報となった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す