スマートフォン版へ

トゥザワールドは2着 勝ったのはハートネル/豪・ザBMW

  • 2015年03月28日(土) 16時50分
 現地時間28日、オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたザBMW(3歳上・GI・芝2400m・11頭・1着賞金90万豪$)に、日本のトゥザワールド(牡4、栗東・池江泰寿厩舎、N.ホール騎手)が出走。

 1番人気に支持されたトゥザワールドは中団でレースを進め、4コーナーで大きく外を回って前に並びかけ、直線では内のJ.マクドナルド騎手騎乗のハートネル(セ4、豪・J.オシェア厩舎)と並んで脚を伸ばしたものの、最後はこれに遅れをとり、1.3馬身差の2着という結果となった。

 勝ちタイムは2分29秒50。なお、3着にはビートゥンアップ(セ7、豪・C.ウォーラー厩舎)が入った。

【日本馬プロフィール】
トゥザワールド(牡4)
騎手:N.ホール
厩舎:栗東・池江泰寿
父:キングカメハメハ
母:トゥザヴィクトリー
母父:サンデーサイレンス
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:11戦4勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:2014年弥生賞(GII)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す