スマートフォン版へ

ヤマカツエースが重賞初V、鞍上池添「次もしっかりと乗りたい」/ニュージーランドT

  • 2015年04月12日(日) 12時00分
 確かな成長ぶりを示してGIへ。NHKマイルCトライアル「第33回ニュージーランドT・GII」(芝1600m)は11日、中山11Rに16頭で争われ、キングカメハメハ産駒の7番人気ヤマカツエース(栗東・池添兼)が中団追走から力強く抜け出しV。近2戦の重賞で(6)(3)着と地力強化を示し、3度目の重賞挑戦でタイトルをつかんだ。勝ちタイムは1分34秒8。1番人気のグランシルクはゲートで立ち上がって大きく出遅れ。万事休すに思われたが、道中最後方から強襲して3/4馬身差の2着に食い込んだ。さらに頭差の3着に続いた2番人気のアルマワイオリまでが、NHKマイルC(5月10日・東京、芝1600m)への優先出走権を獲得した。

 道中は中団の外めを引っ張り切れないほどの手応えで回ると、直線もギリギリまで追いだしを我慢。急坂を上がってゴーサインが出ると、待ってましたとばかりに突き抜けた。「(前々走の)アーリントンC(6着)は折り合い重視。きょうは返し馬の感じも良く、前々走よりも前めで運ぶことを意識した」と池添は振り返る。ピタリと合った人馬一体の走りを披露すると同時に、相棒の精神面での成長もアピールした。

 自身にとっても格別なVとなった。父・兼雄師の管理馬での重賞タイトルは通算7勝目になるが、10年京都大賞典(メイショウベルーガ)以来4年半ぶりだった。トレーナーは「これまで(の実績)は千四までだったが、マイルまで持ってくれた。直線の坂もよく我慢してくれた」と、愛馬の成長した走りに満面の笑みを浮かべた。

 3歳マイル王へ王手をかけた。鞍上は直線の内斜行で騎乗停止処分を受けたが、本番での騎乗には問題ない。「東京は直線が長く、今回以上に仕掛けどころが鍵になる。次もしっかりと乗りたい」と池添。大舞台へ向けて気を引き締めた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す