スマートフォン版へ

ゴールドシップがGI6勝目、須貝師「宝塚記念に向けて努力していきたい」/天皇賞・春

  • 2015年05月04日(月) 12時00分
 3年越しのタイトル奪取を決めた。「第151回天皇賞・春・GI」(芝3200m)は3日、京都11Rに17頭で争われ、2番人気のゴールドシップ(栗東・須貝)が、三度目の正直で悲願成就。一昨年は5着、昨年は7着と結果が出なかったが、ついに春の天皇盾を手中に収め、6つ目のGIタイトルを獲得した。ゲート入りを散々嫌がりスタートはひと息。後方からの競馬を余儀なくされたが、名手・横山典が2周目向正面から一気にポジションを上げる超ロングスパートを敢行。3コーナーの坂の手前で好位に取りつくと、4コーナーでは先頭集団をロックオン。直線で先に抜け出し粘り込みを図る10番人気のカレンミロティックをとらえると、大外から迫ってきた7番人気フェイムゲーム(2着)の追撃を首差退けてゴールイン。勝ちタイムは3分14秒7。さらに3/4馬身差の3着にはカレンミロティックが続いた。なお、1番人気のキズナは末脚不発で7着に敗れた。

 ゲートに入らない。後ろ向きに近づけても転回すると頑として動かない。5分ほどの格闘の末、目隠しをしてようやく入った。我慢比べの末につかんだ勝利に横山典は、「ゴールドシップと僕との“闘い”でした。どっちが勝ったかって?彼です。でも、僕もいい仕事ができたと思います。彼もよく頑張ったが、僕自身もよく耐えた。能力をうまく出せたんじゃないかな」。この男の自画自賛など、ほとんどお目にかかれない。それほど満足のいく会心の騎乗だった。

 昨年、14着に大敗した凱旋門賞・仏GI(10月4日・ロンシャン、芝2400m)参戦については須貝師は「現時点では何とも言えない」と慎重に言葉を選んだが、次戦は宝塚記念(6月28日・阪神、芝2200m)で3連覇の大偉業を目指す。「ゲート再審査もあるし一筋縄ではいかないが、宝塚記念に向けて努力していきたい」と先を見据えた。そしてシンボリルドルフテイエムオペラオーディープインパクトウオッカと並ぶ、史上最多のJRA・GI7勝目へ。まだまだ人馬の格闘は続いていく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す