スマートフォン版へ

セイクリムズン引退、種牡馬に

  • 2015年05月07日(木) 18時58分
黒船賞(高知)を3連覇するなどダート路線で活躍したセイクリムズン(牡9 栗東・服部利之厩舎)は、あす5月8日付で競走馬登録を抹消する。今後は種牡馬となる予定だが、繋養先は未定。

(JRA発表)

セイクリムズン父エイシンサンディ母スダリーフ(母の父サウスアトランティック)。デビュー3戦は芝、4戦目で初めてダート戦に出走して未勝利、続く500万下を連勝。3歳秋に再びダートに転じ、4歳暮れのカペラSで重賞初制覇を果たした。そこからは息の長い活躍を見せ、2012年には重賞4連勝の大活躍を見せた。通算成績は60戦16勝(うち地方26戦7勝)、重賞は以下の9勝を挙げた。今月5日のかしわ記念7着がラストランとなった。

※重賞勝鞍
2010年 カペラS(GIII)
2011年 根岸S(GIII)、かきつばた記念(JpnIII)
2012年 かきつばた記念(JpnIII)、黒船賞(JpnIII)、東京スプリント(JpnIII)、さきたま杯(JpnII)
2013年 黒船賞(JpnIII)
2014年 黒船賞(JpnIII)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す