スマートフォン版へ

ゴールドシップ、ゲート試験合格/栗東トレセンニュース

  • 2015年05月29日(金) 13時50分
 天皇賞・春を快勝したゴールドシップ(栗東・須貝尚介厩舎)だが、発走直前のゲート入りを嫌がったことにより、発走調教再審査の制裁を受けた。その再審査が今朝29日に横山典弘騎手騎乗で行われた。

 新馬のゲート試験とは違って、1回目に前から軽く出し、2回目に後ろ出しするという内容。無難にこなし「無事、合格でした」と須貝尚介調教師。その後、坂路馬場を駆け上がったが、前半からやる気満々で、4F55.2〜3F41.8〜2F28.3〜1F15.1秒と追い切り並みの時計。ただ、折り合いを欠いたのではなく、馬が行く気に任せて走らせたという内容だったので、全く問題ないだろう。

 今後は予定通り、宝塚記念(6月28日・阪神芝2200m)を目指して、調整を進めていく。

(取材・写真:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す