スマートフォン版へ

ゴールドシップについて横山典「これも込みで個性。それを応援してもらえたら」/宝塚記念

  • 2015年06月29日(月) 18時00分
 単勝1.9倍、断然の1番人気に推されたゴールドシップがスタートでまさかの大出遅れ。これまで7戦6勝、2着1回と最も得意としていた仁川の舞台で15着に沈んだ。

 大一番で気性難を露呈してしまった。ゲートには目隠しをして先入れ。前走の天皇賞・春制覇時には散々ゲート入りを拒んだだけに、おとなしくゲートインする姿を見てファンは胸をなで下ろしたに違いない。ところが、隣のラブリーデイが入った途端に白目をむいて咆吼(ほうこう)。ゲート内で立ち上がってしまった。

「あとちょっとというところで馬がうなった。それで最後(発馬)は駄目。この馬らしいね」と横山典は淡々と振り返る。2度目に立ち上がった際にスタートが切られ、ライバルたちから約2秒、5〜6馬身遅れる形での発進を余儀なくされた。

 3角手前から上昇するシーンにスタンドは沸き上がったが、馬群の最後尾に取り付くので精いっぱい。直線で全く加速するそぶりを見せない6冠馬に、追うのをあきらめた鞍上。致命的な不利でも、この人馬なら挽回してくれる-。そんなファンの願いが届くことはなかった。

 近日中に放牧に出されるが、次走については白紙。決まっているのは、今回の出遅れによって、天皇賞・春に続き発走調教再審査が課せられることだけだ。「(馬券を)買ってくれたお客さんには悪いけど、これも込みでアイツの個性。それを応援してもらえたら」と関東の名手は理解を求める。「こんな馬をいつも応援してくれてありがたいです。見捨てず、見守ってやってください」。強さと危うさが同居する“悪童”に、須貝師は頭を抱えた。今後、順風満帆な“出航”ができるか否か-。避けて通れない課題があらためて陣営に突きつけられた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す