スマートフォン版へ

種牡馬トワイニングが死亡 ノンコノユメなどを輩出

  • 2015年06月30日(火) 10時20分
 ノンコノユメ(2015年ユニコーンS)、セカンドテーブル(2014年京王杯2歳S)など産駒が活躍中の種牡馬トワイニングが、28日午後、大動脈破裂のために、けい養先の日高町ブリーダーズスタリオンステーションで死亡した。24歳だった。

 トワイニングは米国産で通算成績は6戦5勝(重賞2勝)。2001年から2年間、浦河町のイーストスタッドで供用され、一度は帰国したものの2004年から再び日本で種牡馬生活を送っていた。

 主な産駒には前記2頭ほかロールオブザダイス(2010年平安S)、フサイチアソート(2007年東京スポーツ杯2歳S)などがいる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す