スマートフォン版へ

高知競馬のしたたかさ

  • 2015年01月23日(金) 18時00分


◆変化によるメリットとデメリット

 普段の平日、事務所でデスクワーク(ほとんどが原稿書きですが)をしているとき、どこかの地方競馬が開催していれば、スカパー!の地方競馬ナイン(701〜703ch)や南関東地方競馬チャンネル(678ch)を見るでもなく垂れ流ししているのだが、今週、アレ?と違和感があったのが、火曜水曜に高知競馬の中継をやっていたことだった。

 高知競馬は、祝日などを除けば基本的には土日のナイター開催。ところがこの1月中旬から3月中旬までの9週間で、火曜日と水曜日の開催がそれぞれ7日ずつもある。

 高知競馬はしたたかだなあと思ったのが素直な感想。それはいかにしたら馬券の売上げを上げられるかという判断であり、同時に、よくこうした思い切った判断ができるものと感心もさせられた。

 高知競馬は、そもそもが2009年7月からの通年ナイター開催を打ち出したときが大英断で、その後2012年10月にはじまった地方競馬IPAT(JRA-PATでの地方競馬の発売)などによる広域発売の拡大にうまくつながった。ギャンブル的な言い方をすれば、いくつかの判断がことごとく“当たり続けた”ことで、廃止寸前からの現在の復活ともいうべき売上増があるといってもいいだろう。

 何が“したたか”かといえば

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング