スマートフォン版へ

今こそばんえいをアピール

  • 2016年05月13日(金) 18時00分


◆ひと世代前の活躍馬や人気馬の産駒が続々とデビュー

 昨年度(2015年4月〜2016年3月)の地方競馬は、全体で1日あたりの売得金額が前年比111.6%と好調だった。ばんえい競馬もほぼ同じ伸び率で1日あたりの前年比は111.7%。地方競馬のなかでもばんえいだけIPATでの発売が行われていないことを考えれば、かなりの健闘といってもいいだろう。

 ばんえい競馬の昨年度の総売得額145億円余りは、2007年度に帯広単独開催となって以降の最高を記録した。もっとも落ち込んだのが2011年度の103億円余りで、それを考えると相当な回復だ。ようやく年間の総売得額では4市開催最後の2006年度とほぼ同じ水準に戻った。当時より開催日数は減っているため、1日平均では2006年度が8964万円余りだったものが、昨年度は9648万円余りとなった。

 ただ昨年度、ばんえい競馬以外の地方競馬で1日平均の売得額がもっとも低かったのが佐賀競馬の1億5千万円余り(ほかに1億6千万円台が笠松と金沢)だけに、それに比べるとやはりばんえい競馬はまだまだ厳しい状況にあるといえそうだ。

 さらにばんえい競馬には、以前にもこのコラムで指摘したと思うが、重種馬の生産者および生産頭数の減少という問題もある

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング