スマートフォン版へ

レース前のインタビュー

  • 2016年07月22日(金) 18時00分


◆ファンサービスの形として

 近年では競馬場でのファンサービスもさまざまに趣向がこらされ、盛んに行われるようになったが、その中でもファンへのアピール度が高いと思われるのが、騎手の生の声を届けるということではないか。

 表彰式での勝利騎手インタビューは以前からどの競馬場でも行われているが、まだいくつかの競馬場でしか行われていないのが、レース前の騎手の声を伝えるということ。

 たとえば高知では、もう10年以上も前から開催日の第1レースがはじまる前、2人の騎手が順に出演し、実況の橋口浩二アナウンサーとのトーク形式で近況などを語るコーナーがある。当初は前例がないこととして、裁決などの了解を得るのが大変だったようだ。

 一方で、とある競馬場では、「すでに高知がやっているのだから」と、同じような企画を始めようとしたところ、主催者上層部の許可が出なかったという話も聞いたことがある。終わったレースについて話すのはいいが、レースの前に騎手が話をするのはまかりならん、ということなのだろう。“公正競馬”を旗印に掲げる頭の堅い主催者も少なくない。

 そしてばんえい競馬で今シーズンから新たに始まったのが、第1レースの勝利騎手をスタジオに呼んで、馬場状態などの感触を聞くというもの

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング