GIドキュメント/netkeiba特派員

【3歳馬・丹下番付】混戦牡馬戦線で新星は現われるのか…!?

2017年02月27日(月)18時00分

注目数:21人

横綱不在! ディープ産駒の不振が混戦の理由か



牡馬番付


 本年の3歳クラシック牡馬戦線は、暦が3月となっても鮮明な勢力図が見え辛い。

 混とんを言われる一番の原因は、種牡馬リーディングを牽引する、3歳牡馬世代でも当然柱となるべきハズのディープインパクト産駒に、絶対的存在がいないからかもしれない。

 実は昨年のちょうど今頃。『POGの王道』の取材にと、社台グループを中心に、北海道の牧場を取材して回ったものの、ディープインパクト産駒の牡馬に、これなら大丈夫と推せる馬が何だか少ない。年による巡り合わせもあるだろうが、素質はGI級でも、クラシックには間に合わないタイプも、多いように思えた。

 ならば、ディープに代わる種牡馬は、産駒は何だろう――横綱には推挙し切れないけれど、種牡馬リーディングの首位を争うキングカメハメハ産駒のレイデオロと、ハーツクライ産駒のスワーヴリチャードが、東西の大関に座っているのは、案外と自然な流れなのかもしれないと、改めて思ったりする。

両大関はともに“ぶっつけ”で…


レイデオロ

▼鞍上・ルメールは昨年に続き最有力候補に騎乗する


 両大関は、ともに皐月賞はぶっつけ。ただレイデオロは...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

netkeiba特派員
netkeiba特派員
有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

netkeiba特派員『GIドキュメント』バックナンバー