スマートフォン版へ

【小林智×藤岡佑介】第2回『日本人初のフランスでの開業 道なき道を選んだ生き方』

  • 2017年08月02日(水) 18時01分
with 佑

▲小林智調教師が、JRAではなくフランスでの道を選んだのはなぜなのか? その秘話に迫ります


2008年にフランスの調教師試験に合格し、免許を取得した小林智調教師。なぜJRAではなく、道なき道のフランスを選んだのか? 今回は、小林師がフランスで開業することとなった秘話に迫ります。「“日本人初”っていいじゃない」と、あくまで“一人目”にこだわった小林師。「先生の生き方に一番影響を受けました」と佑介騎手も語る、小林師の生き様とは。(取材・構成:不破由妃子)


(前回のつづき)

人生一度きり、何かを成し遂げなかったらつまらない


佑介 小林先生が歩まれてきた道はまさに“道なき道”だったわけですが、卓越した行動力でここまで切り開いてこられた。だって普通、フランスで調教師になろうなんて思わないですもん。

小林 僕だって最初はJRAの厩務員課程の試験を受けたんだよ。でも3回落ちた(笑)。点数を取れていた自信はあったから、そのうち受かるだろうと思っていたんだけど…。そのときに働いていた牧場(コアレススタッド)の社長さんが世界中に馬を持っている方で、何度か海外研修にも行かせてもらってね。世界を見ているうちに、当時は日本の馬が今ほど海外遠征をする時代ではなかったこともあって、“このままトレセンに入っちゃったら、面白くないんじゃないか”と思い始めて。それで試験を受けるのを止めたんだよね。

佑介 それで言葉も話せないままフランスに?

小林 そうそう。行ったばかりの頃は、「メルシー」と「ボンジュール」くらいしか話せなかった(苦笑)。

佑介 言葉の苦労は僕もわかります。大変とかいう以前の問題ですからね。

小林 でも、佑介くんは覚えるのが早かったよね。物怖じせずに、自分からどんどん喋りにいくから。

佑介 いやぁ、最初は「俺、やっていけるのかな?」って本気で思いましたよ。先生は渡仏されてから語学学校に通われたんですよね。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング