スマートフォン版へ

【秋競馬へ突入】飛躍の秋を目指して!トップホースたちの夏 ―ゴールドドリーム、メラグラーナ編―

  • 2017年09月25日(月) 18時01分
■特別版として取材の様子を収めた動画も公開!

多くのGI馬がレースの合間に利用するノーザンファームしがらき。栗東トレセンよりも急勾配の坂路の他に周回コース、ウォーキングマシーン、トレッドミルなど充実した設備を有する。栗東トレセンから車で約30分という立地上、調教師が管理馬の様子を毎週のように見に来ることも可能で、この春はノーザンファームしがらきからゴールドドリーム、アルアイン、サトノアラジンなど多くのGI馬を輩出した。今回はノーザンファームしがらきに潜入し、秋のさらなる飛躍に向けて英気を養う有力馬たちを取材してきた。(取材・文:大恵陽子)

※取材日:8月14日時点での情報に基づいて執筆


牧場にとって久しぶりのフェブラリーS制覇・ゴールドドリーム


 春のGI戦線を振り返るにあたり、松本康宏場長は開口一番こう語った。

「フェブラリーSってノーザンファームの馬はそんなに勝たないので、いきなり勝ってくれて嬉しかったですね」

GIドキュメント

▲ノーザンファーム生産馬として9年ぶりにフェブラリーSを制覇したゴールドドリーム(撮影:下野雄規)


 ノーザンファーム生産馬としては2008年ヴァーミリアン以来の勝利だった。

 その後はドバイへ渡りドバイワールドC14着、帝王賞7着。春は思い通りの結果が残せなかったが、秋に向けパワーアップを図っている。ノーザンファームしがらきの米本浩和厩舎長はこう語る。

「今、しがらきに帰ってきて1か月半くらいですが、当初と比べて体重が増えてきました。ドバイの後はあまり体が増えませんでした。帰国検疫後に帰ってきましたが、その時は思ったより疲れていませんでしたし、それほど気にはしていませんでした。でも、成長と言う意味では体重が増えた方がいいかなとも思います」

GIドキュメント

▲ノーザンファームしがらきの米本浩和厩舎長


 4歳夏を迎え500kg超の馬体は、洗い場でもひと際目立っていた。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング