スマートフォン版へ

【スプリンターズS】西田雄一郎騎手42歳 人生2度目のGI舞台/直撃インタビュー

  • 2017年09月28日(木) 18時01分
GIドキュメント

▲2009年以来2度目のGI挑戦となる西田雄一郎騎手(写真はアイビスサマーダッシュ表彰式、(C)netkeiba.com)


一度は騎手免許を返上し騎手を辞めるも、2005年に復帰した西田雄一郎騎手。その苦労人がスプリンターズSでついに大きなチャンスを手にした。人生2度目のGI舞台となるスプリンターズSへ向けての意気込みを直撃した。
(取材・文:赤見 千尋)


千直で出会ったラインミーティアと共に「後悔することのないように」


 西田の代名詞である新潟千直で頭角を現したラインミーティア。人馬共にベストは千直なのではないかと感じた方も多かったのか、セントウルSは6番人気という評価だった。しかし前評判を覆して、2着に好走した。

「僕自身、千直は得意と言われているから、いい馬が集まるんです。能力ありきで展開や追い出しを決められるので、競馬がしやすい。他の距離でもいい馬が集まるようになったら、という想いでやって来ましたけど、こうやって千直で出会ったラインミーティアが1200mでもがんばってくれて、GIの舞台に一緒にたどり着くことができた。今までやってきたことがここに繋がったんだなという気持ちです」

 阪神1200mのセントウルS。レース前はどんなことを考えていたのだろうか。

「僕は千直しか乗ったことがないから、1200mでどんな競馬をするかわくわく感が大きかったです。ただ、やることは一緒なので。常にチャレンジャーの気持ちで、周りどうこうというよりもこの馬の脚を使い切ることだけ考えていました」

 レースは好スタートを切り、内で我慢する形に。後方から外目を伸びて差し切ったアイビスSDとは真逆の位置取りとなった

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング