スマートフォン版へ

ダノンマジェスティが真の姿を見せた時…牡馬のクラシック戦線をひっくり返す!?/吉田竜作マル秘週報

  • 2018年01月11日(木) 18時00分


◆新馬戦は「ピクニックにでも来た気分だったんだろう」

 朝日杯FSとホープフルS。2歳牡馬に2つの頂点が用意される形になった17年だが、朝日杯をダノンプレミアムが無敗で制し、一方のホープフルSを2度の敗戦があるタイムフライヤーが勝ったことで、明らかな優劣がついた。

 ただ、2歳王者となったダノンプレミアムがそのままクラシックをぶっちぎるかといえば、そうではないだろう。確かに同馬はセンス豊かで伸びシロも期待できるが、距離延長や中山への輸送など越えるべき壁もある。タイムフライヤーは賞レースには敗れたが、皐月賞を狙うという意味では同舞台を経験したという大きなアドバンテージをつかんだ。さらに、タニノギムレット、キングカメハメハといったダービー馬を育て上げた松田キュウ舎のノウハウもある。今後立場が逆転してもおかしくないと思っている。

 今年の牡馬戦線が面白いのは、有力候補が2頭にとどまらないところ。藤沢和キュウ舎は精鋭が揃っているところにオブセッションがシクラメン賞をレコードV。「エンジンがかかってからが良かった。楽勝だったね」とルメールも手放しの称賛だ。前出タイムフライヤーを京都2歳Sで下したグレイルも要注目。野中調教師は「あの馬を手前を替えないで差したんだから…。共同通信杯を使うために帰キュウさせたが、今のところ順調。馬は少しずつ良くなっている」。

 また、12月24日の阪神芝外1800メートルの新馬を勝ったダノンマジェスティも規格外。直線外ラチ目がけて猛突進しつつ勝ち切った。「まあ初めての場所だったし、ピクニックにでも来た気分だったんだろう」と音無調教師。次走はGIIIきさらぎ賞(2月4日=京都芝外1800メートル)。「使った後も変わりません。普段はおとなしいし、扱いやすい」とは平井助手。この馬が真の姿を見せた時…牡馬クラシック戦線をひっくり返す可能性もあるのではと思っている。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

2010年に創刊50周年を迎えた夕刊紙。競馬確定面「競馬トウスポ」(大阪スポーツは「競馬大スポ」、中京スポーツは「競馬中京スポ」)は便利な抜き取り16ページで、中身は東スポグループだからこその超充実ぶり。開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載しています。

関東・舘林勲、大阪・松浪大樹の本紙予想のほか、記者による好評コラム(「一撃・山河浩、馬匠・渡辺薫など)、そして競馬評論家・井崎脩五郎、爆笑問題の田中裕二、IK血統研など超豪華執筆陣の記事も読みごたえたっぷり。馬券作戦に役立つ情報が満載です。

関連サイト:競馬トウスポWeb

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング