スマートフォン版へ

プロミストリープの敗戦と、グラヴィオーラの圧勝で

  • 2018年05月15日(火) 18時00分


◆真っ向勝負を挑んでの7馬身差は、まさしく“あっぱれ”

 前回のこのコラムで、地方競馬の新人騎手で初勝利を挙げていないのは残りひとり、と書いたが、その最後に残っていた大井の吉井章騎手もめでたく初勝利を挙げた。

 5月11日大井のメイン(!)、第11レースの1200m戦。単勝9.7倍、3番人気のアムールブランに騎乗した吉井騎手は、好スタートを切ると、好位3番手の外目を追走。逃げて直線でも単独先頭だった馬を差し切り、クビ差での勝利となった。

 勝つ時というのはたいがいカッコイイものだが、単勝1.4倍の断然人気馬をじわじわと追い詰め、そしてゴール寸前で差し切ったということでは、見せ場たっぷりの記念すべき初勝利だった。

 地方競馬では4月1日付の騎手免許といっても、主催者ごとに開催のタイミングもあり、デビューの時期が4月中旬以降になる騎手もいる。そうした状況で、6名とはいえ5月上旬に全員が初勝利を挙げたというのはすばらしい。今年の新人騎手は平均的にレベルが高い世代となるかもしれない。6月から始まる予定のヤングジョッキーズシリーズは、地方競馬の新人騎手全員が勝利を挙げて迎えられるということでも楽しみになった。

 さて今回の本題。先週、大井競馬場では3歳一冠目の羽田盃と、牝馬二冠目の東京プリンセス賞が行われた。

 羽田盃は、ヤマノファイトが1番人気にこたえての勝利。北海道から船橋に移籍後、負けなしの重賞3連勝とした。

 一方、東京プリンセス賞は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

いざダービー&新馬スタート! 14日間無料キャンペーン中!

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング