スマートフォン版へ

中野省吾の、いま

  • 2018年05月22日(火) 18時00分


◆「騎手をやめた翌日から、ずっと楽しい」

 昨年のスーパージョッキーズトライアルでは、初出場ながら全4戦で3勝2着1回という圧倒的な成績で優勝、JRA札幌のワールドオールスタージョッキーズに地方代表として出場した中野省吾。その名は、一躍全国に知られることとなった。しかし制裁が多かったことで騎手免許は更新されず、この3月限りで一旦ムチを置いた。2009年にデビューして騎手として9年。いま26歳。まさにこれからというときに騎手をやめざるをえなかった中野省吾がいま思うこと、そしてこれからを聞いた。

喜怒哀楽

「お久しぶりです!」

 インタビューの場所に指定したワイン居酒屋に現れた中野省吾に、騎手免許が更新されずに落ち込んでいるという様子は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング