スマートフォン版へ

「オレが乗ったら勝てる」ダービー2勝 小島太のダービー出走馬馬体診断

  • 2018年05月25日(金) 18時30分
GIドキュメント

▲騎手として日本ダービー2勝、調教師としてもマンハッタンカフェなどGI馬を手掛けた小島太氏


今年2月に惜しまれつつも調教師を引退された小島太氏に、日本ダービー出走馬の馬体を見ていただき、仕上がりや距離適性などを診断してもらいました。「オレが乗ったら勝てる」。“フトシ節”も飛びした馬は果たして!?

1枠1番 ダノンプレミアム


5月16日撮影
GIドキュメント

全体的にバランスがよくて文句のつけようがない。3カ月ぶりとは思えない無駄のない体つきで、アバラがうっすら浮いていて前躯、後躯ともに張りがある。ディープインパクト産駒特有のスピードだけではなく、母系のデインヒルの力強さを感じる。

1枠2番 タイムフライヤー


5月16日撮影
GIドキュメント

早熟なのか、形が変化していなくて皐月賞時から良くなっていない。早くに結果を出した馬にしては、き甲が抜けきっていない。体型に合った成長曲線を描いていない感じだ。

2枠3番 テーオーエナジー


5月15日撮影
GIドキュメント

ダートしか走っていないが、いい馬。芝でも走りそうな体型はしているが、いきなり芝のGIでダービーとなると

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング