スマートフォン版へ

メジロマックイーン唯一の現役後継種牡馬

  • 2018年06月19日(火) 18時00分


◆バイアリータークの系統自体がもはや絶滅危惧種に

 地方競馬の2歳戦は、レース映像は見ないまでも、勝ち馬はすべて毎日チェックしていて、たまにではあるものの、めずらしい血統を発見することある。

 最近、ハッ!と思ったのが、6月16日、水沢第1レースの2歳戦を勝ったクイーンソネラという芦毛の牝馬。父のギンザグリングラスは、2008年1月に小倉の3歳未勝利戦で1勝を挙げ、その年の夏には大井へ移籍。さらに川崎に転厩して9歳になった2014年まで現役を続けたが、南関東でも下級条件で2勝を挙げたのみ。中央と南関東で109回走って引退した。南関東では10歳以上の馬は前年にA1級で5着以内がないと出走資格を失うため、9歳秋での引退となったと思われる。

 ギンザグリングラスが単なるマイナー種牡馬でないのは、その父が

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング