根多のデットーリ/かしわでちょうほう

お気に入り

お気に入り

登録済

北九州記念の「あっ!!」。札幌記念の「あっ!」。ダイアナヘイローはワンダーウーマンになれるか?

2017年08月17日(木)12時00分

注目数:43人


先週も恋で負けて、オバケに助けられた。

恋とは関屋記念で注目したスーパーデジャブ馬ダノンリバティと北村宏騎乗のレッドレイヴンで、オバケとはエルムSで8人気で3着に好走したドリームキラリのことだ。

ダノンリバティは3着だから馬自身は頑張ったと思うけど、2着のデジャブを期待したので3着では逃げ水だ。レッドレイヴンも単167.5倍の15人気で8着だから、馬自身は大健闘だろうけど、馬券的には超逃げ水だ。っていうか、馬券を買うことが無謀だったかもしれない。

一方、エルムSは今年もオバケポイントの馬が3着してくれた。先週も書いたけれどエルムのオバケゾーンは単28倍〜45倍にいる馬で、自分が馬券を買った締め切り5、6分前にはそのあたりにオヤコダカ、ドリームキラリ、メイショウスミトモがいた。

確定オッズは
オヤコダカ 25.0
ドリームキラリ 38.3
メイショウスミトモ 42.9

もっと締切間際まで粘ればオヤコダカは切れたかもしれないけど、3連複の3列目を穴馬3頭に絞れたから、それはそれでよしだ。ちなみに1列目はテイエムジンソク、2列目はロンドンタウン、コスモカナディアン、クリノスターオーにした。我ながら上手くいった。

にしてもこのゾーンにいる馬は3着することが多い。去年は該当馬のリッカルドが1着してしまったけど、基本的には3着だ。今回もゴール近辺ではテイエムジンソクと接戦になったけれど、ドリームキラリは指定席の3着だった。

やっぱり恋だのミラージュだの言ってちゃ、夏は制覇できないということか? 自分には肝試しの方がお似合いのようだ。

そういえば、日曜は早朝に男子4×100Mリレーで日本チームが銅メダルを取って、夜に50キロ競歩で日本人選手が銀メダルと銅メダルを取って、朝から晩まで世界陸上ロンドン大会の日本は盛り上がっていた。だからロンドンタウンがレコードで勝つのも必然と考える方もいたのかもしれない。

自分はロンドンタウンが1着したのを見て、「あっ!」と声を出した派。
で、あ〜〜もう少し敏感青年でいたならロンドンタウンとの馬券を厚く買えたのに〜〜とお約束の地団駄を踏んだ系。

実際、世相を反映させる馬券を考えるのが好きな方にはロンドンタウンは簡単に買えた馬券だったのではないか。

こういうのはゴールした瞬間に思いつくのがいいんであって、ゴール前、っていうかスタート前に必死に探すものでもない。少なくとも自分の場合はそこに時間を注ぎ込んでもいいことはない。ただ、北九州記念の想定を見ていたら、思わず「あっ!!」と叫んでしまった。

------------------
北九州記念の「あ!」
------------------

北九州記念は肝試し的にはとても面白いレースだ。過去のコラムでも、オッズ視点で重賞を分析した本「オッズテクニカル」でも書いているけど、北九州記念は単勝10倍台の馬が1着しやすい。

この10年でも10倍台の馬が6回1着している。

09年1着サンダルフォン   単15.8
10年1着メリッサ      単13.4
11年1着トウカイミステリー 単17.0
12年1着スギノエンデバー  単14.4
13年1着ツルマルレオン   単10.2
14年1着リトルゲルダ    単18.9

去年は8人気で単21.7倍のバクシンテイオーが1着したけど、これは例年とは違って12頭立てだったことが大きいと思っている(実際そこに注目してバクシンテイオーの馬券が取れた)。今年はフルゲート18頭になりそうだから、単10倍台に注目してみたい。

予想では、
ミッキーラブソング 11.0
バクシンテイオー  15.1
アルティマブラッド 18.9
エイシンブルズアイ 22.0

このあたりが単10倍台に来そうだけど、夏のオッズだけにまだわからない。
ただアルティマブラッドはとても気になる。

そもそも前走のCBC賞で4人気に支持されていたときから気になっていた。オープンで3着しただけの馬がなぜCBC賞で4人気だったのか? 

今回はCBC賞のときと同じ53キロ。しかし予想では7人気。もしCBC賞の13着で人気を落とすというなら、今度は買いたくなる。

この馬は音無厩舎の馬だから、先週のダノンリバティのときと同様にデジャブなコメントがあるかもしれない。アルティマブラッドは、北九州記念は初出走だからデジャブもミラージュもないはずだけれど、一応先週同様に週刊競馬ブックの厩舎レポを読んでみる。

あ!

今回も音無師がデジャブなコメントをしている。

音無師
「(CBC賞を振り返って)これまでもそうだが、好位差しで結果を出している馬だけに、位置取りが後ろ過ぎたね。ゲートからもっと出していけばまた違ったとは思う」

おっと! ダノンリバティのときと同じ「位置取りが後ろ過ぎた」「もっと先行しないと」コメントが出ている(詳細は先週のコラムで)。

これをデジャブゥ〜〜〜でくくっていいのかわからないけれど……、
もしかしたら音無師のコメントあるあるかもしれないけれど……、
ここはすくいどころのようにも思える。

仮にもCBC賞で4人気に支持された馬だ。人気も落ちそうで、ここはすくいどころとしていいんじゃないか⁉

今回の騎手はダノンリバティと同じ音無厩舎所属の松若。
おそらく先行せよ!と強く指導されていることだろう。仮にダメなら「音無師あるある」と認定して今後の参考文献にすればいい。
実オッズでも単勝人気が10倍台だったら狙ってみたい。

------------------
北九州記念の「あっ!!」(注目馬)
------------------

単10倍台の馬
中でもアルティマブラッド。理由は「あ!」と思っちゃったから。

ダイアナヘイロー 「あっ!!」と思っちゃったから。

予想オッズを見て、アルティマブラッドに注目して、音無師のコメントを読んで「あ!」となったけど、前記したように想定を見て、「あっ!!」となった馬が別にいて、それがダイアナヘイローだった。

この馬は予想1人気で、本来ならばここで注目する馬ではない。でも、エルムSの「ロンドン」タウンのゴール後の「あっ!!」を引きずってか、どうしても触れたくなった。

実は、映画「ワンダーウーマン」の公開を楽しみにしている。映画公開日は今月の25日だから、来週だ。楽しみな理由は、乃木坂46が歌舞伎町でワールドプレミアムに参加して彩りを添えたというニュースを見たからではない。1年半前に公開された「バットマンVSスーパーマン」に重要な役どころでワンダーウーマンが先行出演していたのを見てしまったからだ。そのときからワンダーウーマンを壁紙にして、ワンダーウーマンが主役の映画の公開を楽しみにしていた。

だからダイアナヘイローの出走を目にして、「あっ!!」となったのだった。ワンダーウーマンの名前がダイアナだからだ。

ただ予想1人気を目にして、気をもんでいる。前記したように1人気が1着しにくいレースだからだ。前走1000万や1600万の馬でも1着できるレースだけど、1人気では勝てていない。できればキングハートやファインニードルやアクティブミノルといった牡馬に人気をゆずってあげたいところだ。

正直、ロンドンタウンのロンドンに比べると、ワンダーウーマン=ダイアナは弱い気がする。でも引っ張られちゃって、「あっ!!」となっちゃったのだからしょうがない。

ダイアナヘイローにワンダーな力があれば、1人気も克服可能だ。武豊にワンダーな力を引き出してもらおう。

------------------
札幌記念の「あ!」(注目馬)
------------------

サウンズオブアース
ロードヴァンドール

ネオリアリズムに騎乗すると思っていたモレイラがマウントロブソンに騎乗となっていた。
エアスピネルの鞍上にはルメールとあった。この2つの案件で、小さく「あ」となった。

でもサウンズオブアースに横山の典さんが騎乗すると知って、「あっ!」となった。

この交替の経緯はわからないけれど、ふつうはMデムーロ騎乗が本線だろう。しかしMデムーロは北九州記念でファインニードルに乗る。ファインニードルは社台系の馬ではなく、王様系(シェイク・モハメド)の馬で、馬主のパワーを考えれば、日本では社台系のサウンズオブアースに騎乗してもおかしくない。

それだけファインニードルが魅力的なのかもしれないけれど、一方でどうしても重賞を勝ちきれないサウンズオブアースをもうワンランク上げるために典さんを招聘したとも考えられる。

以下は、古馬になってからのサウンズオブアースの秋の臨戦。

4歳 
京都大賞典2着(浜中)

ジャパンカップ5着(Mデムーロ)

有馬記念2着(Mデムーロ)

5歳
京都大賞典4着(Mデムーロ)

ジャパンカップ2着(Mデムーロ)

有馬記念8着(Mデムーロ)

同じレースを使って、2・5・2着、4・2・8着。善戦はしているけれど、1着は取れてない。

6歳になって、札幌記念を使うということは、秋の目標を天皇賞・秋へ替えてきている可能性もある。

天皇賞・秋と札幌記念をセットで典さんに依頼したのか、札幌記念だけのスポットなのかわからない。ただこのクラスの馬を典さんに依頼するということは、意味があっての依頼だろう。

たいていは脚質転換の依頼だ。先行馬ならポツン追い込み、追い込み馬ならポツン逃げ。ただの追い込み、ただの逃げじゃなく、ポツンな逃げ・ポツンな追い込みだ。はたしてサウンズオブアースにはどんな仕掛けを施すのだろう。

陣営は「ここが本番」とコメントしているけれど、自分は信じない(基本的にレース前コメントは信用しない。音無師は例外)。たとえここが本当に本番だとしても、このクラスの馬をその先を見据えないで、典さんに依頼するはずがない。

モレイラやルメールは前で競馬をしそうだから、ポツンな追い込みをチョイスするかもしれないけれど、ピタリ2番手の可能性もないとは言えない。

おそらく逃げるのはロードヴァンドール。この馬は逃げられたときは実にしぶとい。だからロードヴァンドールの2番手につけるのは有効な作戦に思える。
ロードヴァンドールとサウンズオブアースの両方が馬券圏内に入ったら、1人気との絡みでもそこそこの馬券になるのではないか?

ちなみにオバケポイントはない。その代わり、オバケより少し弱いミステリー・オッズはある。

ミステリー・オッズ 35倍台か、55倍台。

予想オッズでは、35倍台、55倍台に馬はいない。
アングライフェンが怪しいけど、まだわからない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムニストプロフィール

かしわでちょうほう
かしわでちょうほう
競馬専門誌・競馬王の元本紙予想担当。今は競馬王その他にて、変な立ち位置や変な隙間を見つけて、競馬の予想のようなものを展開中のニギニギ系。 著書はなし。最新刊「グラサン師匠の鉄板競馬 最前線で異彩を放つ看板予想家の鉄板録」に再び間借りして、4年ぶりに全重賞・根多の大百科的なものを執筆。