スマートフォン版へ

ダート戦線上半期を振り返る

  • 2018年07月17日(火) 18時00分


◆地方馬の勝利が少なく、ちょっと寂しい

 先週のジャパンダートダービーで、ダート戦線の今年上半期が一段落。ここまでを振り返ってみたい。

 まずは3歳戦線。この世代の2歳時から振り返ってみると、エーデルワイス賞こそホッカイドウ競馬所属馬が上位を独占したが、北海道2歳優駿、兵庫ジュニアグランプリ、全日本2歳優駿は、いずれも地方馬は3着が最高という成績。明けて3歳の兵庫チャンピオンシップは中央5頭が掲示板を独占。地方馬は地元兵庫と笠松のみの出走で、最先着の6着馬でも5着馬から7馬身と大きな差をつけられた。

 地方馬では全日本2歳優駿3着という成績で地方の2歳チャンピオンとなったハセノパイロが東京ダービーで復活の勝利。ジャパンダートダービーでは地方馬の最右翼として期待(それでも7番人気)されたが、まったく能力を発揮できず11着に沈んだ。

東京ダービーではハセノパイロが復活V(撮影:高橋正和)


 そのジャパンダートダービーは、ルヴァンスレーヴの強さが際立つ結果となった。全日本2歳優駿とジャパンダートダービーを制した馬は、2001年トーシンブリザード(船橋)、2007年フリオーソ(船橋)に続いて3頭目、中央馬では初めてのこととなった。またユニコーンSからジャパンダートダービーを制したのは2005年カネヒキリ、2015年ノンコノユメに続いて3頭目。それら主要タイトルを制したことからも、今後、ルヴァンスレーヴにはダートチャンピオン級の活躍の期待がかかる。

ダートチャンピオン級の活躍の期待がかかるルヴァンスレーヴ(撮影:高橋正和)


 3歳牝馬による関東オークスは、出走した中央4頭のうち2頭が1勝馬と、例年に比べてやや低調なメンバーで争われた。そんな中で勝ったのは、中央4頭ではもっとも人気がなく、単勝21.1倍、6番人気というハービンマオだった。中央勢が低調だったぶん、2着ゴールドパテック、3着クレイジーアクセル、4着ミスマンマミーアと、南関東所属馬も上位に入線した。

関東オークスは6番人気ハービンマオが優勝(撮影:高橋正和)


 関東オークスに出走しなかった地方馬では

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング