スマートフォン版へ

女王の座が近づいたディアマルコ

  • 2018年09月18日(火) 18時00分


◆3歳時から狙い続けたGDJのタイトルを獲得出来れば、まぎれもない“あっぱれ”だ

 高知のディアマルコにいよいよグランダム・ジャパン(GDJ)古馬シーズン女王の座が近づいた。最終戦のレディスプレリュード(大井)を前にして、ここまで50ポイント。表彰対象の地方馬で2位となっているジュエルクイーン(25ポイント)に大きな差をつけている。

 一昨年3歳時からGDJのタイトルを狙って積極的に他地区への遠征を続けているディアマルコだが、その3歳シーズンでは船橋のクラトイトイトイと同じレースを3戦し、いずれも2頭で1、2着を分け合ったものの、ディアマルコは2着、2着、1着で惜しくも2位。その年には古馬シーズンにも参戦して3位と健闘した。そして昨年の古馬シーズンでは、兵庫サマークイーン賞(園田)を制し、秋桜賞(名古屋)で2着。しかし最終戦のレディスプレリュードは着外で4位に終わっていた。

 今年、ディアマルコに

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング