スマートフォン版へ

馬券サバイバー・プロのガチンコ2点勝負 横手礼一編

  • 2013年09月14日(土) 20時00分
 第60回の挑戦者は、パドック最前列の哲学者・横手礼一氏です。世代限定戦こそ相馬眼が問われる舞台。最終結論に乞うご期待!

横手礼一

横手礼一


◆今週のチャレンジャー…横手礼一

◆普段の予想スタイル…パドック、返し馬。パドック派のストロングポイントは、出走履歴が少ない馬の能力、適性面について、書斎派よりも一足早くジャッジができるということに尽きる。この新馬は血統で人気しているけど実際にはたいしたことないな、とか、この気性では馬群で揉まれる競馬は不安だ、とか、この走法では外を回すしかないから内が止まらない今日の馬場では割引、などなど、現場の知見でリードを稼いで人気の裏をつくのが基本スタイル。

◆得意レース…新馬、未勝利、2歳戦など、キャリアの浅い馬たちのレース。過剰人気になる馬が多いので裏を突きやすい。また、出走馬の能力差が大きいので、買い目を絞り込んで勝負できる。

◆参考にするファクター…パドック、返し馬、血統、レースVTR、調教VTR。当日の馬場状態や当該レースのレース質にフィットする馬体・走法の馬を上記ファクターで抽出。これにフィットしない人気馬は好走しても勝ち切ることが難しいので、人気薄の単勝が狙い所になる。

◆横手氏のプロフィールの詳細、馬券サバイバーのルールは、競馬王ブログをご覧ください。

◆勝負レース
(日)阪神11R ローズS

◎05.エバーブロッサム
▲01.デニムアンドルビー

単勝:05(50%)
馬連:01-05(50%)

 夏秋の端境期の三日間開催で、妙味の薄いレースばかりが続く。オッズが読めない前日で絞り込んで買うのは難しいので、前日売りのある重賞にチャレンジする。 ローズS。今春の3歳牝馬戦線は混戦のうちに幕を閉じた。ここもメンバー構成的に大きな能力差はない。人気馬を適性で上げ下げして、点数を絞り込むことでリスクに見合った配当効率を見出すしかない。

 舞台は阪神外回り、芝1800m。牝馬の基幹距離である阪神芝1600mとはバックストレッチが1F延びるだけの違いだが、この1Fが中距離馬とマイラーを分かつ分水嶺になる。阪神では1600も1800もペースは変わらない。より我慢が利く中距離馬が生き残り、より反応が速いマイラーは最後に足が怪しくなる。ローズSはスローの上がり勝負になることが多いが、そのわりにはゴール前でたびたび着順が入れ替わる。阪神マイルで育った馬にとって、最後の1Fが低くない壁となる。

 エバーブロッサムは、フラワーC、フローラS、オークスと連続2着。我慢が利いて、じわじわ伸びる。これまで詰めの甘さの原因になったズブさ、ジリっぽさが、この条件ではプラスに働くはず。

 負けるとしたら、デニムアンドルビーの爆発的な切れ味が炸裂したときだろう。気性的に馬込みを避ける傾向があるようだが、外を回すロスがこの条件ではちょうどいい「タメ」になるかもしれない。隊列が縮まれば縮まるほど、この馬にはチャンスが広がる。

 メイショウマンボはオークス馬だが、1400のフィリーズレビューを勝てるスピードがある。今回は外枠を引いたことで、桜花賞同様になし崩しに脚を使わされる怖れが出てきた。レッドオーヴァルは使える脚がそう長くないので、この距離はやや長いと思う。両馬ともわずかに割り引くが、2点買い縛りがなかったら当然押さえるところだ。

『競馬王』9月号

『競馬王』9月号

『競馬王』9月号が発売!! 『競馬王』9月号が、8/8(木)に白夜書房から発売されました。

 今号の特集は「京大式 推定3ハロン」です。「前傾・後傾」早わかり重賞カレンダー付きで、8〜10月の攻略法を紹介しています。また、「調教欄の取扱説明書 番外編」では、6週連続で重賞を的中させた井内利彰氏の新たな予想法を図解入りで解説しています。

 その他、「馬券格言リマインダー機能」を追加した綴じ込み付録「競馬収支ノートDX 秋冬版」、今だから書けるエピソードを明かした「キズナ 知られざる真実」、矢作芳人調教師が預託頭数2.5倍ルールについて語った「開成調教師の仕事」、夏競馬のマル秘攻略法を伝授する「迷い続ける馬券術」など、充実の内容となっております。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

偶数月8日発売の最先端の儲かる理論を発信し続ける馬券攻略雑誌。亀谷敬正、今井雅宏、井内利彰、古澤秀和など、有名予想家が理論やレースへの見解を発表する場として、コアな競馬ファンに支持されている。ダビスタ雑誌として一世を風靡(?)した過去もある。

関連サイト:競馬王オフィシャルブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング