スマートフォン版へ

中島記念で達成されたさまざまな記録

  • 2018年12月25日(火) 18時00分

7年越しの同一重賞制覇にあっぱれ!


 有馬記念を勝ったのは3歳のブラストワンピース。さてこれでJRA賞・最優秀3歳牡馬はどうなるのだろう。牝馬はアーモンドアイがおそらく年度代表馬にもなるのだろうが、牡馬は三冠で勝ち馬が異なり、そのほか、ステルヴィオ(マイルチャンピオンシップ)とブラストワンピースが古馬とのGIを勝った。ここから最優秀を選ぶというのも難しい。

 ならばルヴァンスレーヴでどうだ。チャンピオンズCを勝っただけでなく、マイルチャンピオンシップ南部杯では古馬チャンピオンのゴールドドリームを負かしていて、ジャパンダートダービーも含めてGI級3勝という成績だ。それでもやはりダートは芝より格下と見られているところはあり、最優秀3歳牡馬でルヴァンスレーヴにどのくらいの票が入るのか楽しみではある。ちなみにJRA賞で、最優秀ダートホースが他のカテゴリーでも同時に表彰されたことはこれまで一度もない。

 さて、本題。ブラストワンピースの池添謙一騎手は有馬記念単独最多の4勝目となったが、地方競馬ではこの日、有馬記念の約2時間半後に行われた佐賀競馬のグランプリレース、中島記念で、さまざまにすごい記録が達成された。

 レース前、注目されていたのは昨年まで3連覇を果たしていたキョウワカイザーの4連覇なるか、だったのだが、残念ながら4着。勝ったのは10歳のウルトラカイザーだった。そのウルトラカイザーは、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング