スマートフォン版へ

【和田竜二×藤岡佑介】第3回『外国人騎手の感覚は違う? “馬を抑える”って本当はどういうこと?』

  • 2019年12月04日(水) 18時02分
with 佑

▲騎手の永遠のテーマ「馬を抑える」ことを語り合います (C)netkeiba.com


「日本一元気な42歳 “和田竜二”を大解剖!」をテーマにお送りしている今回の対談。家でもずっと競馬を観てるという和田騎手。Barでフランス競馬を観ながら飲んでることもあるとか。

そんな研究家な和田騎手が騎乗フォームで取り組んでいるのが、同期の福永騎手も実戦している、運動力学をベースにしたメソッド。佑介騎手が自身のテーマとしている「馬を抑える」ことについて、深い議論を展開していきます。

(取材・構成=不破由妃子)


日本人は引っ掛かっているのではなく、引っ掛けている


佑介 僕のなかで和田さんというと、家でもずっと競馬を観てるイメージがあって。海外の競馬とかも観てません?

和田 観てるねぇ。酒のつまみに、あらゆる国の競馬を観てる。なんならBarに行ってもフランスの競馬を観ながら飲んでたり(笑)。繋駕速歩競走(けいがそくほきょうそう)とか、めっちゃ面白いで。

佑介 そっち系も観てるんですね(苦笑)。和田さんはホンマに勉強家だし、研究家ですよね。何をするにしても、まずは自分で勉強して、納得してから進めていくタイプというか。黙々とやってますもんね。

──しかも、誰にも言わずに陰で努力してそうな…。勝手なイメージですが(笑)。

佑介 そうです、そうです。肝心なことは一切喋らず、喋っていることはだいたい余計なことばかり(笑)。だからね、和田さん、今日はちょっと真面目な話をしてほしいなって。

和田 さっきからしてるよ! まったく失礼な(笑)。でもさ、人にわかってもらいたいことなんてあんまりないんだよね。(乗馬をしている)息子とはいろいろ話したりするけど、やっぱりよう伝わらへん。

佑介 結局は自分の感覚ですからね。

和田 でも、俺が今取り組んでいることは、(福永)祐一と一緒やで。祐一のコーチの小野(雄次)さんが、毎週水曜日に角居厩舎の大仲で勉強会を開いていて、俺も厩務員さんたちと一緒にいろいろ教えてもらってる。もう7年くらいになるかな。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング