スマートフォン版へ

【小崎綾也騎手】政府からロックダウンが発表され… 迫られた帰国の決断とNZへの想い

  • 2020年04月23日(木) 18時02分
今週のface

▲3月30日にニュージーランドから帰国した小崎騎手 (提供:小崎騎手)


昨年の9月から、ニュージーランドで長期武者修行を行っていた小崎綾也騎手。期間を決めずにスタートした遠征でしたが、新型コロナウイルスの影響で約半年での帰国となりました。

3月30日に帰国し、2週間の待機を経て、先週ようやくレースへの騎乗にこぎつけた小崎騎手。久しぶりに日本で騎乗した感想は? 「世界が落ち着いたら、“忘れ物”を取りに行きたい…」、ニュージーランドへの想いも語ります。

(取材・構成=不破由妃子)

※このインタビューは4/20(月)に電話取材で行いました。


日本への最後の直行便に滑り込み…


──小崎騎手、おかえりなさい! 3月30日に帰国し、先週ようやくレースへの騎乗にこぎつけましたね。

小崎 はい。4月13日までホテルでずっと待機していたんですが、すごく長く感じました。レースはほぼ1カ月ぶりでしたが、最初の1レース目からチャンスをいただいたので、ちょっといいところを見せたかったんですけど…(阪神1R・ダノンボヌール7着)。

──土日で10鞍に騎乗し、日曜日の阪神8Rではハナソメイ(8番人気)で2着。見せ場十分でした。

小崎 結果を出せればよかったんですけどね。何より10鞍も騎乗依頼をいただけたのが本当にありがたかったです。やる気はすごくみなぎっていたので、空回りしないように気を付けていたつもりなんですけど、ちょっともがきすぎたところがあったかもしれません(苦笑)。

──さて、昨年9月からのニュージーランド研修は、期間を決めずにスタートしたわけですが、新型コロナの影響で約半年での帰国となりました。まずは帰国に至った経緯を教えてください。

小崎 ニュージーランドでも無観客で競馬は開催されていて、僕も3月21日まではレースに乗っていたんです。ただ、そろそろ中止になりそうだなという雰囲気はあって、国の判断を待っている状態でした。

──そんな最中の3月26日、ニュージーランド全土において国家非常事態宣言が発令されて。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング