スマートフォン版へ

【伊藤工真騎手】ロバートソンキーと菊花賞へ!「精一杯の騎乗で恩返しを」

  • 2020年10月18日(日) 18時04分
今週のFace

ロバートソンキーと菊花賞に挑む伊藤工真騎手(C)netkeiba.com


今年でデビュー13年目の伊藤工真(30=美浦・金成)が、大きなチャンスをむかえた。GII神戸新聞杯の3着馬・ロバートソンキーとのコンビで、菊花賞に挑むのだ。いまだ重賞タイトルとは無縁だけに、ジョッキーとして自身を売り出す絶好のチャンスにも思えるが、当の本人は「まずは恩返しを」と謙虚に語る。ロバートソンキーとの出会いや、オーナーや調教師との秘話など、話を聞いた。

(取材・文=東京スポーツ・藤井真俊)

※このインタビューは室内の換気を行いながら、十分な距離を取り最小限の人数で実施しました。

目の前にあったコントレイルのお尻が一瞬で…


――トライアルのGII神戸新聞杯では18頭立て14番人気という低評価を覆して3着に好走。レース前はどのようなお気持ちでしたか。

伊藤工 人気はあまり無かったですが、経験の浅い馬ですし、秘めた能力はあると思っていました。ですから自分なりに中京芝2200mで好走するためのポイントなどをしっかりと研究して臨みました。

――2走前の新潟戦は2着でしたね。

伊藤工 1番人気に推されていたので悔しい結果でした。ただ当日の新潟はドシャ降りの雨で、水が浮くような特殊な馬場だったんです。決してロバートソンキーにとって向いている感じではなかったですし、良馬場ならどうだったんだろう…と。

――距離についてはどう見ていましたか? 1800mから2200mへと2ハロン延びましたが。

伊藤工 折り合いに心配のないタイプですし、少しずつ良くはなってきていたものの、あまりゲートが上手ではなかったので、距離が短くなるよりは延びた方がいいと思っていました。

――レースではスタートは五分に見えましたが、直後に挟まれる場面がありましたね。

伊藤工 はい。でも馬自身は怯まずに、スピードを落とすことなく走ってくれました。

今週のFace

神戸新聞杯のスタート直後を振り返り「馬は怯まず走ってくれた」(C)netkeiba.com


――馬だけでなく工真ジョッキーも手綱を引かずに冷静に対処していたように見えました。

伊藤工 そこまで危険な場面ではなかったですから。あまり馬に負担をかけずにクリアできればと思っていました。

――そのまま中団のインで待機して4角を回り、直線では迷うことなく外へ進路を取りました。

伊藤工 前にコントレイルがいたので、そこについていけば進路ができると考えました。

――直線でもしっかり脚を使い、ゴール直前までは2番手。最後はヴェルトライゼンデにクビ差交わされましたが、菊花賞の権利は獲得しました。

伊藤工 もちろん勝ちたかったです。ただ最低限の目標だった“菊花賞の権利”は取れて、重賞の舞台でも乗せてくださった保坂和孝オーナーや林徹先生に対して、一応の役目は果たせたかなと思いました。

――馬上から見て、ライバルのコントレイルの走りはどう見ましたか?

伊藤工 すごかったですね…。4コーナーでは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング