スマートフォン版へ

2週連続で純度100%の“金子血統”がGI制覇

  • 2021年04月12日(月) 18時00分

先週の血統ピックアップ


・4/11 桜花賞(GI・阪神・芝1600m)
 3番手を追走したソダシが直線で早めに抜け出し、ゴール前で大外から飛んできたサトノレイナスをクビ差抑えました。これで5戦全勝。

 最近の桜花賞は後傾ラップが多いという特徴がありますが、今年は前後半45秒2-45秒9という前傾ラップ。馬場が良かったこともあり、800mの通過タイムは2007年の馬場改修後では最速でした。

 ソダシはクロフネ産駒なので瞬発力よりもスピードの持続力が持ち味。吉田隼人騎手の強気な騎乗が馬の能力を十全に引き出したといえるでしょう。父クロフネ、母ブチコ、母の父キングカメハメハ、2代母シラユキヒメはすべて金子真人さんの持ち馬(法人名義を含む)。

 前週の大阪杯を勝ったレイパパレも、父、母、母の父、2代母がいずれも金子真人さんの持ち馬だったので、2週連続で純度100%の“金子血統”がGIを制覇したことになります(レイパパレの馬主はキャロットファーム)。

 桜花賞とオークスを比べた場合、ソダシは前者に向いていますが、同じ3歳牝馬同士ですから2400mでも上位争いは可能でしょう。

・4/10 ニュージーランドトロフィー(GII・中山・芝1600m)
 マイペースの逃げに持ち込んだバスラットレオンが直線で後続を突き放し、5馬身差で圧勝しました。

 キズナ産駒は今年に入って重賞3勝目。父ディープインパクトの10勝には遠く及びませんが、全種牡馬のなかで4位という成績は優秀です。

 母バスラットアマルの半姉にイギリスとカナダでG1を制覇した名牝シリアスアティテュードがおり、その息子スティッフェリオはオールカマーなど重賞を3勝しています。母の父はサドラーズウェルズ系のニューアプローチ。小回りコースで持続力を活かしたレースが合うタイプです。

 キズナ産駒は3歳春の中山開催を得意としており、この条件では通算重賞4勝目。東京コースのNHKマイルCは、タメ逃げをすれば瞬発力の違いで差されてしまう可能性が高いので、速いペースで逃げて後続に脚を使わせる競馬がベストでしょう。

今週の血統注目馬は?


・4/17 千種川特別(2勝クラス・阪神・芝1200m)
 ロードカナロア産駒は阪神芝1200mで連対率28.3%。2011年以降、当コースで産駒が20走以上した50頭の種牡馬のなかで第3位という優秀な成績です。

 当レースにはサンキューユウガが登録しています。2勝クラスに昇級してから3戦連続2着。いずれも当コースが舞台です。詰めが甘いので今回も2着の可能性はありますが、馬券の軸としては信頼性の高い馬でしょう。

今週の血統Tips


 桜花賞は1着から7着までをノーザンファーム生産馬が独占しました。グレード制が導入された1984年以降、初めてのことです。

 これまでの最高記録は1着から6着までを独占した2019年のNHKマイルCでした。2020年の有馬記念は1着から5着までを独占しています。

 ノーザンファームの昨年の3歳世代は、牡牝ともに三冠レースをひとつも取れませんでした。その屈辱をバネに今年頑張っている……というわけではないとは思いますが、ここまで行われた現3歳世代の重賞29レースのうち23レースをノーザンファームが勝っており(同着1回含む)、過去最高といえる勢いです。

 今週行われる皐月賞も、上位人気に推されそうな馬はノーザンファーム生産馬が多数を占めています。

 とはいえ、日高出身のタイトルホルダーとディープモンスターは、それらに匹敵する能力を秘めており、勝つチャンスは十分あります。桜花賞のような熱戦が期待できそうです。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeibaでもおなじみの血統評論家・栗山求氏が血統の面白さを初心者にもわかりやすくレクチャー。前週の振り返りや、週末行われるレースの血統的推し馬、豆知識などを通して解説していきます。 関連サイト:栗山求の血統BLOG

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング