スマートフォン版へ

【天皇賞(春)予想】細江純子さんが出走予定10頭を馬体診断

  • 2021年04月26日(月) 18時00分
細江純子

▲「みんなのKEIBA」など競馬メディアで活躍を続ける細江純子さん


ホース・コラボレーターとして「みんなのKEIBA」などに出演。パドック診断が好評な細江純子さんに天皇賞(春)出走予定の有力馬10頭の馬体診断を行っていただきました。

ディープボンド

栗東・大久保龍志厩舎 牡4


ディープボンド

▲4月21日撮影


毛ヅヤがピカピカ。内臓面の働きの良さがうかがえます。また、もともと腹袋をボテッと見せるタイプではありましたが、大人になってそのあたりを残しつつも、以前よりもシャープに見せており丁度いい按配に。
内側から弾けるような柔らかみのある筋肉で、体のメリハリもあり素晴らしいデキ。持久力タイプですし、京都ではなく阪神で行われる点も、プラスに働くと思えます。

ワールドプレミア

栗東・友道康夫厩舎 牡5


ワールドプレミア

▲4月21日撮影


ビックリです。体重こそ変わっていませんが、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

相馬の達人たちが重賞レースに出走する有力馬の馬体を診断します。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング