スマートフォン版へ

【アイビスSD予想】今週はJRA唯一の直線重賞が開催!出走予定馬の追い切りをチェック!!

  • 2021年07月21日(水) 18時00分
人気上位のモントライゼ 直線競馬の適性は?
 今週から函館、新潟の2場開催。よって、新潟には美浦、栗東所属の馬たちが集まることになりますが、そこで問題になってくるのが出走できるかどうか。特にタイムリミットの迫る未勝利に関しては、前走5着以内の優先権の有無が大きなポイントになってきます。その次に節の空いている馬ということになりますが、これが2ヶ月以上でも出走が叶わないというケースも。本当に大変な時期です。

 今週の重賞はアイビスSD。直線競馬の唯一の重賞ということで、頭数が揃いそうにありませんでしたが、フタをあけたら、特別登録は19頭。とはいっても、条件クラスも多数。しかも1勝クラスもいるわけですから、さすがに力差が歴然としているような気もします。ただ、直線競馬の経験、実績がある格下が馬券に絡んでこそ、妙味ある配当になるでしょうし、そのあたりの判断が難しいでしょうね。

【越後S/シンシティ】

 先週の小倉ダート1000mを除外になって、ここへ回ってくる形。個人的には痛恨の除外と思っていましたが、レース結果を見ると、逃げても最後は捕まっていたかも知れません。加えて、前走が新潟ダート1200mですから、引き続き、スタート芝の左回りという条件を走る方がよいかも知れません。

 2週前追い切りの段階で速い時計を出しているため、最終追い切りは坂路4F56.0秒。これは1週前よりも遅くなりましたが、前走の最終追いが坂路4F57.9秒だったので、これも悪くないパターン。あとは同型との兼ね合いがつくようなら、でしょう。

【アイビスSD/モントライゼ】

 初めての直線競馬ですが、netkeiba.comの予想オッズは単勝2倍台の1番人気(21日午前段階)。3歳とこれまでの実績という点から期待を集めているのは間違いないと思いますが、果たして直線競馬の適性がどのくらいあるのでしょうか。

 行きたがる気性を考えると、当然、短い距離が合いそうな雰囲気はあります。ただ、前走のレースでもスタートが特別速いわけでもないので、前をカットされる不利を受けてしまいます。それでも最後は脚を使ったように、短い距離に対応するだけの後半の脚を持ち合わせていると思いますが、2歳の頃のように前向きすぎる気性というわけでなくなったところがどうでしょうか。

【アイビスSD/タマモメイトウ】

 普段の坂路調教でも首を振りながら走るようなところがあって、坂路での追い切りでは2F目から12秒台のラップを踏んでいくようなダッシュ力があり、結果的にはそんな走りが直線競馬に向いていたのかも知れません。

 ただ、今回は2F目から12秒台を踏むラップの追い切りはなく、後半2Fの脚がしっかりするようになってきました。これも前走のレースでメンバー最速上がりをマークした影響かも知れません。そういった点からも、前に行くレースをするわけではないでしょうから、それで前走よりも時計が速くなってどうかだと思います。

調教Gメン研究所

後半2Fの脚がしっかりするようになったタマモメイトウ(7月20日撮影)


【アイビスSD/ロードエース】

 前走の芝は直線コースが初めてであり、芝経験自体も福島2歳S(13着)のみという状況。それでもしっかり結果を出したのは、よほど適性があったからだと思います。ちなみに追い切りは常に坂路ですが、松下武士調教師にお聞きすると「普段は引っ掛かって坂路で調教することができない」ということでしたから、その前向きさが直線競馬に合っていたんだと思います。

 今回も坂路での追い切りで仕上げています。7月14日、18日に坂路で4F51.8秒をマーク。最終追い切りは坂路4F52.6秒とそれらの時計に比べると遅くなりましたが、それだけ仕上がった状態にあるということでしょう。あとは韋駄天Sよりも勝ち時計が速くなると思われるだけに、そこに対応できるかどうか。

【アイビスSD/グレイトゲイナー】

 初めての直線競馬になりますが、森秀行厩舎ということもあり、坂路でのラップの踏み方を見れば、うまく対応してくるのではないかと思います。その根拠は前走時の最終追い切りの坂路でのラップ。1F目から13.3秒を踏んで、2F目以降が12.2秒、12.1秒、12.7秒。どのくらいの余力があって、このラップを踏めたかという点も気になりますが、とにかくラップは持続力十分です。

 今回は中2週ということで、最終追い切りは軽い内容になりましたが、後半は2F24.7秒。終いはしっかりしたラップですし、前半を無理せずについていくことができるようなら楽しみではないでしょうか。

調教Gメン研究所

持続力十分なラップを踏んだグレイトゲイナー(7月20日撮影)


◆次走要注意

・7/17 2歳新馬【ヴァラダムドラー】(3人/4着)

 前半はレースの流れに乗ることができませんでしたが、それでもゴール前ではじわっと伸びてきています。まだ緩い状態というのは、松下武士調教師も把握していたことなので、これを使って良くなってきそう、という前向きな4着と捉えています。

[メモ登録用コメント] [芝中距離]最終追い切りがラスト1F最速ラップなら勝ち負け

◆開催おすすめの調教適性

<新潟ダート1800m>
◎1週前追い切り、最終追い切りともにトラック馬場で併せ馬
○最終追い切りが坂路馬場で4F目最速ラップ

 2020年2回3回新潟開催で行われたダート1800mで単勝最高配当が◎に該当、二番目の配当が○に該当していました。コーナー4つの平坦ですから、基本は◎のトラック調教の要素が重要になりますが、スローになると坂路の瞬発力といった感じです。

【予想】井内利彰の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング