スマートフォン版へ

「輸送も大変やったみたい」雨の影響を受けた小倉競馬を回顧

  • 2021年08月17日(火) 18時01分
先週末は、大雨の影響をまともに受けた小倉競馬。ドシャ降りのなかで行われたレースもあったほか、輸送にも相当な時間がかかり、力を出し切れなかった馬も多かったそうです。今週の『太論』では、そんな先週末の競馬を振り返ると同時に、今週2戦目を迎えるサワーホマレーにも言及。「色気を持って乗ります!」と期待のほどを明かしてくれました。(取材・文:不破由妃子)
※このインタビューは電話取材で実施しました。

輸送に10時間以上……先週の競馬は大変やったわ


──先週の小倉は、悪天候で大変でしたね。土曜日のマックスブロケイド(小倉12R・3歳上1勝クラス・13番人気9着)など、本当にドシャ降りのなかでのレースになって。

小牧 すごい雨やったよ。雨の影響で、輸送も大変やったみたい。日曜日のウェーブメジャー(小倉8R・3歳上1勝クラス・10番人気12着)は、高速道路が通行止めになってしまったから、輸送に10時間以上かかったって言うてたわ。

──そういえば、ウェーブメジャーは体が減ってましたね。

小牧 そうやねん。10キロも減ってた。もともとイレ込むタイプみたいやから、もうその時点でちょっとしんどかったのかもしれんね。いい位置で競馬できたのに、追ってからがもうひとつやったから。

──先週は、輸送の問題などで力を出し切れずに終わってしまった馬も多かったでしょうね。

小牧 たくさんいたと思うよ。取消も多かったしね。馬場自体はね、そんなに悪くなかったんやけど。日曜日なんて、けっこうキレイな馬場でしたよ。

──7カ月ぶりの実戦となったセレッソフレイムは13着(8月15日・小倉9R・筑紫特別)。52キロということで、だいぶ前から準備をして挑んだ一戦でしたが…。

小牧 ん〜、楽についていけたんやけど、やっぱり追ってからがね、もうひとつやった。久々でも仕上がっていたし、状態のよさは感じたんやけどね。

──1月に走ったときは、「気持ちが切れてしまっている」と敗因を分析されていましたが、今回そういった面は?

小牧 多少イレ込んではいたけど、全体的にはよかったよ。一度使ったことで、よくなってくれればいいんやけどね。

──今週はサワーホマレーの2戦目が予定されていますね。

小牧 うん。今週はサワーホマレーに懸けますわ。中間の動きもいいし、馬もパワーアップしたみたいやしね。

──初戦は芝1600mでしたが、もっと距離があったほうがいいとおっしゃってましたよね。今回は1800mですか?

小牧 そう、1800mです。頑張ってほしいから、僕も色気を持って乗りますわ。馬主さんも小倉まで応援に駆けつけてくれる予定やから、祝勝会といきたいところやけど……。福岡も緊急事態宣言の対象になってしまうね。福岡に限らず、今はどこも行かれへん。先週は9Rで終わって、行きつけのお寿司屋さんに電話をしたら、店を開けてくれてね。一人でこそっとお寿司を食べて帰ってきましたわ。

──“一人寿司”といえば、ちょうどこんな質問がきていました。「太論を読みながら、小牧騎手はとても行動力のある方だなぁといつも思っています。そんな小牧騎手でも、一人で行けない場所、一人ではできないことってありますか?」。

小牧 一人でできないこと…ないなぁ。なんでもできます。

──一人カラオケ、一人焼肉……。

小牧 さすがに一人でカラオケに行こうとは思わないけど、一人焼肉は何回もあるよ。カウンターに一人で座って、美味しくいただきました(笑)。一人で旅行にも行くし、映画にも行くし、なんでもできます。

──では、最後に質問をもうひとつ。「人間と同じように馬にもそれぞれ性格があると思うのですが、小牧騎手から見て、『こいつ、嫌なヤツだなぁ』と思うのはどんな馬ですか?」。

小牧 それはもう、真面目に走らん馬。乗っていれば、真面目に走っていないことくらい、すぐにわかるからね。一生懸命に走っても能力的に厳しい馬はそんなふうに思わんけど、力はあるのに全然応えてくれない馬は本当にもどかしい。ただ、人間のせいでもあるんやけどね。

──そういう馬を走る気にさせるのもジョッキーの仕事だと。

小牧 うん。それも技術のひとつやから。どんな馬であっても、なんとか走ってもらうために、こっちも必死です。
質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング