スマートフォン版へ

【キーンランドC予想】ここも牝馬やや優勢な夏の短距離重賞 「ミスプロ×バックパサー」血脈が毎年絡む

  • 2021年08月22日(日) 18時00分
過去5年でいうと、エイティーンガール(ウッドマン)、ナックビーナス(ウッドマン)、エポワス(ミスワキ)、ブランボヌール(アンブライドルド)、タワーオブロンドン(ミスワキ)と、「ミスタープロスペクター×バックパサー」の組み合わせの血を引く馬が必ず連対している。また夏の芝短距離重賞らしくここもやや牝馬優勢で、過去5年でいうと牡セン[2-4-0-39]、牝[3-1-5-21]。昨年もウッドマンを持つ牝馬エイティーンガールが快勝。取り上げたなかではセイウンコウセイがミスワキをもつ。(解説:望田潤)

セイウンコウセイ
クラリティスカイやタイキフォーチュンの近親で、トムフール的なスピードと機動力を誇る牝系だ。ミクスドマリッジの牝馬クロス7×5を持つのはアドマイヤムーン産駒の走るパターン(ファインニードルはミスクドマリッジの孫シャーペンアップの5×4)。アドマイヤムーン産駒は晩成型が多く、本馬も8歳を迎えても大きな衰えは見られず、今も揉まれず行けるとしぶといところをみせる。馬券圏内となるとかなり恵まれないと厳しいだろうが…。
距離◎ スピード○ 底力○ コース○

ダイアトニック
京王杯SC2着レオプライムの半弟で、近親にローマンエンパイアやカッパツハッチなどがいる。カナロア産駒でストームバード4×4、母父サンデーだけノーザンダンサーなしというオーソドックスな好形だ。牝系譲りの短距離体型で、ボールドルーラーのクロスらしい無駄のない走りで俊敏で機動力に富む。昨年のキーンランドCは馬場の悪いインを走らされてしまった。ここは骨折明けで約10か月ぶりの実戦も、気性的にはいきなり動けそうなタイプ。
距離◎ スピード◎ 底力○ コース◎

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬ライター。血統評論家。育成牧場従業員を経て競馬通信社編集部に在籍、そこで笠雄二郎著「日本サラブレッド配合史」の影響を強く受ける。サイト「血統屋」「競馬道ONLINE」月刊誌「サラブレ」「ECLIPSE」などで血統に関するコラムや予想を執筆中。共著「パーフェクト種牡馬辞典2018-2019」も好評発売中で、馬主・生産者の配合アドバイザーも務める。ブログ「血は水よりも濃し」http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング