スマートフォン版へ

【阪神JF予想】来春のクラシック直結の2歳女王決定戦 連勝中の素質馬に◎を打つレース

  • 2021年12月05日(日) 18時00分
20年勝ち馬ソダシは翌年桜花賞に勝ち、19年勝ち馬レシステンシアは桜花賞とNHKマイルで2着。17年勝ち馬ラッキーライラックは桜花賞2着オークス3着で、16年勝ち馬ソウルスターリングはオークスに勝った。文字どおり来春のクラシックに直結する2歳女王決定戦。

ここ5年の勝ち馬は18年ダノンファンタジーも含め、全て3連勝〜4連勝でJFを制しており、完成度はもちろんだが器の大きさや奥深さも見せている才媛が勝つレースといえる。そんなレースだけに人気馬が強く、近5年で6人気以下の馬が馬券に絡んだのは20年ユーバーレーベン(6人気3着)と19年マルターズディオサ(6人気2着)だけ。この2頭に共通するのがヌレイエフの血で、穴ならばヌレイエフの野太い末脚としておきたい。(解説:望田潤)


アネゴハダ
ストローハットやマルカソレイユの姪で、母母ウォートルベリーはジャンロマネ賞(仏G2・芝2000m)勝ち馬。父キズナはディープ産駒のダービー馬でアカイイトやディープボンドなどの父。母父ウォーエンブレムはケンタッキーダービー馬。母方のヌレイエフやブラッシンググルームの粘着力が強い1400寄りマイラーで、ファンタジーSは直線ジワジワ詰めて5着も、外マイルになって大きなプラスがあるとは言えないか。
距離○ スピード○ 底力○ コース◎

ウォーターナビレラ
ソイカウボーイの半妹で、ビナスイートの姪で、メイショウムネノリなども近親。父シルバーステートは初年度から本馬やロンやベルウッドブラボーを輩出。母父キングヘイローは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬ライター。血統評論家。育成牧場従業員を経て競馬通信社編集部に在籍、そこで笠雄二郎著「日本サラブレッド配合史」の影響を強く受ける。サイト「血統屋」「競馬道ONLINE」月刊誌「サラブレ」「ECLIPSE」などで血統に関するコラムや予想を執筆中。共著「パーフェクト種牡馬辞典2018-2019」も好評発売中で、馬主・生産者の配合アドバイザーも務める。ブログ「血は水よりも濃し」http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング