スマートフォン版へ

【鳴尾記念予想】今年も中京2000の鳴尾記念 逃げ馬&ロベルトで高配を

  • 2022年05月29日(日) 18時00分
宝塚記念のステップという位置づけで阪神芝内2000で行われてきたが、昨年に続き今年も中京芝2000での施行。最近の中京芝2000の重賞の結果をみると、金鯱賞のジャックドール(1人気1着)、きさらぎ賞のメイショウゲキリン(8人気3着)、中日新聞杯のショウナンバルディ(8人気1着)、ローズSのエイシンヒテン(12人気2着)と、逃げた馬が必ず馬券に絡み、しかも穴になっている。

昨年の鳴尾記念もユニコーンライオン(8人気1着)とショウナンバルディ(9人気2着)の行った行ったで馬連18420円の大波乱。血統的にはロベルトの血を引く馬の好走が目立ち、金鯱賞もロベルトもちが1〜3着だった。(解説:望田潤)


ヴェルトライゼンデ
ワールドプレミアやワールドエースの3/4弟で、欧G1を3勝したマンドゥロの甥。母マンデラは独オークス(独G1・芝2200m)3着で、母方にはドイツ血脈とハイペリオンのスタミナが強い。しなやかかつ重厚な体質は兄たちと似て、ワールドプレミア的な距離適性や成長曲線になるだろうと予測してきたが、屈腱炎で長い休養になってしまったのは残念。ここなら地力は最上位だが、まずはどんなケイバになるか。更に成長を遂げた姿を見たいが…。
距離○ スピード○ 底力◎ コース◎

カイザーバローズ
グランスラムアスクの全兄で、母母ティズドバイはティズナウやバドロワイヤルの全妹でソレントS(米G2・ダ6.5F)勝ち馬。ハスケル招待S(米G1・ダ9F)のペインターも近親。母系にストームキャットとティズナウが入るのは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬ライター。血統評論家。育成牧場従業員を経て競馬通信社編集部に在籍、そこで笠雄二郎著「日本サラブレッド配合史」の影響を強く受ける。サイト「血統屋」「競馬道ONLINE」月刊誌「サラブレ」「ECLIPSE」などで血統に関するコラムや予想を執筆中。共著「パーフェクト種牡馬辞典2018-2019」も好評発売中で、馬主・生産者の配合アドバイザーも務める。ブログ「血は水よりも濃し」http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング