スマートフォン版へ

【河内洋調教師】“夢”と“意地”をぶつけた2人が挑む ジュタロウの凄さは「ペースが速くても止まらない!」

  • 2022年06月12日(日) 18時02分
今週のFace

▲河内洋調教師にユニコーンSに出走するジュタロウについて伺いました。(c)netkeiba.com


デビュー戦を大差勝ちし、圧倒的なインパクトを残したジュタロウ。その後、案外な敗戦が続きましたが、4戦目で2勝目を挙げ、満を持して重賞・ユニコーンSへ出走を予定しています。現状では抽選対象で、まずは出走枠に入れるかどうかが一つの関門ですが、出走すれば間違いなく注目の1頭。

デビューから一貫して手綱をとるのは武豊騎手で、管理するのは兄弟子の河内洋調教師。22年前の日本ダービーでは「河内の夢か、ユタカの意地か」の名実況の下、アグネスフライトで制したのは当時騎手だった河内調教師ですが、実は武豊騎手の6回目のダービー制覇に思うことがあるとか!?

ジュタロウを管理する河内調教師に聞きました。

(取材・構成:大恵陽子)

負けても「この馬は走るよ」武豊騎手の言葉


──大差勝ちのデビュー戦のインパクトがすごかったですが、第一印象からその片鱗は感じていましたか?

河内 日本に来て、2歳のいまくらいの時期に見たかなと思うんだけど、結構しっかりした体をしていましたね。最初の頃はちょっとゴツっとした感じでしたけど、成長してきたらだんだんいい形になってきました。そんなに大きくなりすぎず、ちょうどいい具合です。でも、新馬戦はあんなに離して勝つとは思わなかったです。

──2〜3番手から早めに動いて大差勝ち! 2、3着も10馬身差ですから、ホント1頭だけ次元が違う走りでした。

河内 序盤から先頭に立っていくと思っていましたけど、外に速い馬がいてね。1800mの新馬戦であそこまで速い馬ってあんまりいないんですけど。それをちょっと追いかけるような形で、新馬戦にしてはペースも速かったし、「これは最後に止まるんちゃうかな」と思ったけど、そのまま離して勝ちましたね。

──見ていて「走るのが好きなのかな」と感じましたが、性格はどうですか?

河内 普段は大人しくて、トレセンの運動場まではいいんだけど、馬場に向かうと「行きたくてしょうがない」という感じになります。前向きすぎる気性で、一生懸命走っちゃうんだよね。

──その前向きさがいい方に向けば、自ずと期待は高まりますが…。

河内 新馬戦があまりにも離して勝ったから、期待しすぎてしまうよね。2戦目はしっかり脚を伸ばすかなと思ったけど2着で、3戦目は揉まれたのがダメだったのか、あまり走れず9着。まだ幼いところもあったのかもしれないです。それで、思い切ってひと息入れることにしました。

──休養から帰ってきてからはどうでしたか?

河内 ちょっとは落ち着いて帰ってくるかなと思ったけど、相変わらずだね(苦笑)。でも、以前は坂路でオーバーペース気味に行っていたのが、最近は66秒くらいで走れるようになったから、調整はしやすくなったかなと思います。

──この休養明けで2勝目を挙げたわけですが、その1つ前のレースに続いて東京ダート1600m。距離短縮は前向きな気性を考慮してですか?


河内 外国産馬なので出走できるレースが限られていて、なおかつユタカ(武豊騎手)が乗れるレースで考えていくと、そこがいいかなと。東京の1600mは最初のコーナーまで距離がありますしね。何頭か強い馬が揃っていたので半信半疑でしたけど、終わってみれば強い勝ち方をしてくれて、タイムも速かったですね。

今週のFace

▲徐々に気性面の成長を見せているというジュタロウ(撮影:下野雄規)


──武豊騎手がデビューから一貫して騎乗しているというのもファンとして期待が高まります。

河内 はじめの頃はそうでもなかったんだけど、だんだんと行きたがるところを見せてきたから、ユタカなら上手く乗ってくれると思いました。負けた時もずっと「この馬は走るよ」と言ってくれていて。経験不足もあって負けていたけど、こないだはやっとこの馬らしい競馬ができましたね。

──先行できると強さを見せますね。

河内 自分の形になるといいタイムで走るけど、自分の形にならなかったら少し脆いところがあるので、その辺がこれからの経験かなと思います。

──「スタミナが半端ない」と武豊騎手がレース後にコメントしたこともありました。

河内 これだけのペースで行くと普通は止まるだろう、というところでも止まらないから、それがこの馬の良さなんだと思います。

ダービーをこれだけ勝つなら、1こくらい(笑)


──ところで、河内調教師と武豊騎手といえば兄弟弟子の関係。兄弟子から見て、武豊騎手の日本ダービー6勝目はどうでしたか?

河内 あの年齢まで一線級で戦えるってすごいよね。あと3年くらい、俺が調教師を辞めるまで騎手を続けてほしいな(笑)。ユタカだから当然と言えば当然だけど、ジュタロウのような難しいタイプの馬を上手に乗ってくれるからね。

──2000年の日本ダービーでは先頭に立った武豊騎手・エアシャカールめがけて河内騎手・アグネスフライトが迫り、ハナ差で河内騎手が勝ちました。キャリア26年目でのダービー制覇は「河内の夢か、ユタカの意地か」という実況とともに語り継がれています。

河内 ダービーは人生が変わるくらいのレースだからね。ユタカはのちのちこれだけ勝つんだったら、1こくらい負けてもいいやろう(笑)。俺にはもうそんなにチャンスがなかったからね。

今週のFace

▲「河内の夢か、ユタカの意地か」(撮影:高橋正和)


──ダービーを勝って人生が変わりましたか?

河内 やっぱりね、「ダービージョッキー」という称号はずっと付きますからね。ジョッキーとしてはみんな欲しい称号です。でも、ユタカが1人で6回も勝ったら、他のジョッキーに回らんやろ(笑)。

──兄弟子の河内調教師だから言えることですね(笑)。そんなコンビでのユニコーンS、現状では抽選対象のようですが、出走が叶えば楽しみにしています。

河内 出られたらいいんやけどね。何頭か骨っぽい馬が出てくるみたいだし、まずはここでどんな競馬ができるかですね。

(文中敬称略)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング