スマートフォン版へ

【北村友一×藤岡佑介】「今後もこの気持ちを絶対に忘れたくない」怪我を通じて感じた心配されることのありがたさ/第3回

  • 2022年06月22日(水) 18時01分
“with佑”

▲北村騎手が今回のケガで休んでいる間にあった『心境の変化』とは…(撮影:桂伸也)


第3回となる今回は北村友一騎手の心境の変化に迫ります。怪我をした時期はパートナーであったクロノジェネシスが凱旋門賞を目標にしていた時期ということもあり、相当なショックがあったそう。しかし、自分以外の人が乗ったクロノジェネシスの競馬を見て勉強になったこともあったようで…。

さらに、「今回は弱気になっているところを見たことがなかったな」と語る佑介騎手。いつも近くで見ていた先輩だからこそわかる北村騎手の心境の変化には思い当たる部分があるそうで…。北村騎手の復帰を支えた周りの方からのメッセージや奥様との温かいエピソードも語っていただきました。

(取材・構成=不破由妃子)

感謝の重みが100倍くらい違うんじゃないかって


佑介 落馬して運ばれて冷静になったとき、一番最初に何を思った?

北村 それはもう「クロノジェネシスに乗りたかった…」というのが一番です。凱旋門賞も視野に入っていたので、そこは本当にもう…。

──宝塚記念ではルメール騎手が騎乗。自分以外のジョッキーがクロノジェネシスに乗っているのを見るのは、正直つらかったのでは?

北村 いえ、そこはもう気持ちの切り替えができていたので。むしろ、僕以外の人が初めて乗ったわけですから、「どんな乗り方をするのかなぁ」とか「僕以外の人が乗ったときのクロノジェネスはどんな雰囲気なんだろう」とか思いながら、返し馬、ポケット、ゲート裏と興味深く見ていましたね。そうやって客観的に見ることができて勉強になったし、レースも面白かったです。

“with佑”

▲クロノジェネシスの引退式には北村騎手も駆けつけた(撮影:下野雄規)


佑介 自分だったら…とか考えたりして。

北村 そうですね。結局、インで我慢させて最後に抜け出すという、僕だったらしない競馬をクリストフは選択して。ずっと乗っていると、どうしても固定観念にとらわれてしまうところがあるけど、違う人が乗ることによって、1頭の馬でもいろんな競馬ができるんだということを改めて学びました。やっぱりとらわれちゃダメだなぁって。

 あと、落ちたときの話に戻りますが、クロノジェネシスのことの次に「幸(英明騎手)さんに連絡しなくちゃ」と思いました

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング