スマートフォン版へ

平均値トップ重視に戻る『AJCC』と近2走値機能『東海S』

  • 2020年01月27日(月) 12時00分

(C)netkeiba.com


 ようやく本格的な冬になったような寒い土日…。

 馬場がどうなるかに悩まされましたが、結局日曜日は「中山メイン芝は稍重、京都メインダートが重馬場」での開催となりました。

 最近いい結果が出ていないメイン。『AJCC』が▲△△決着で◎本命4着のハズレ。京都開催となった『東海S』は▲◎○の本線決着的中。さらに小倉メイン『門司S』(不良馬場)が☆◎▲での高配当(3連単5万円オーバー)GETに。メイン収支としてはかなりプラスにはできましたけど…。

「あと一つ、AJCCも獲れていれば…」と後悔は残るところ。教訓を積み重ねます。

サンプルレース名/2020年1月26日(日)中山11R・AJCC(GII)芝2200m

【レース前状況】
 前走『凱旋門賞』では思うような走りができなかったブラストワンピース(川田)の帰国後初戦。中山は『有馬記念』を勝った舞台もあって1番人気に推されていた。2番人気はこれも中山大得意のミッキースワロー(横山典)。3番人気は昨年『オールカマー』を逃げ切っているスティッフェリオ(丸山)。上位人気は中山巧者独占に。4番人気に4歳馬ラストドラフト(マーフィー)。ルメールに乗り変わったステイフーリッシュが5番人気となっていた。

【レース結果】
1着ブラストワンピース 牡5(1番人気)川田
2着ステイフーリッシュ 牡5(5番人気)ルメール
3着ラストドラフト   牡4(4番人気)マーフィー

【払い戻し】
単勝 300円
枠連 650円
馬連 1200円
馬単 1980円
3連複 2540円
3連単 1万0540円

『AJCC』は再び平均値トップ馬機能に戻るのか?


 まず『AJCC』から。

 今年は『前走値』重視したことが

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング