スマートフォン版へ

減量期間が終わったら、また次の国へ ―7カ月の海外遠征を終えて【最終回】

  • 2018年12月02日(日) 18時01分
キャリアアップ

▲アイルランドでの修行を終えた野中騎手、これからの展望を語ります


今年の3月から10月までの7カ月間、アイルランドで武者修行をしてきた野中悠太郎騎手。その間の様子は当コラムで連載として、野中騎手自身に発信していただきました。大きな経験を経て、野中騎手にどんな変化が現れたのか。お話を聞かせてもらいに美浦トレセンを訪れると、そこにはたくさんの記者や関係者に囲まれながら笑顔いっぱいで話をする、野中騎手の姿がありました。ご本人を直撃インタビューします。

(取材・文:不破由妃子)


つらい思いはするけども、それを上回る何かが


──今後の予定ですが、あまりあいだを空けずにまた海外に行かれる予定だそうですね。

野中 はい。来年で減量期間が終わるので、減量があるうちは日本で乗ろうと思っているんですけど、その後はまた次の国に。

──次の国ということは、アイルランドとは別に国を見据えていらっしゃるんですか?

野中 そうですね。アイルランドの開催は本場ひとつしかなくて、日本でいうところの裏開催がないんですよ。競馬は毎日やってるんですが、場所が替われば上位のジョッキーも全員移動していくので、そこに若手が入り込むのは大変なんです。だから、早めに見切りをつけて辞めていくジョッキーもけっこういたりして。

──そうなんですね。そう考えると、“4カ月で26鞍”という数字の価値を改めて感じますね。

野中 はい。いろいろな方の協力があったおかげです。

──次の国はメドを立てていらっしゃるんですか?

野中 イギリスかフランスか…。できればヨーロッパがいいなと思っています。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

1996年12月29日、福岡県出身。実家が小倉競馬場の近くだったことから騎手を目指す。同期は加藤祥太、鮫島克駿、三津谷隼人。2015年に美浦・根本康広厩舎からデビュー。兄弟子の丸山元気、妹弟子の藤田菜七子に囲まれながら腕を磨く。馬券穴派からの支持が厚い。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング