スマートフォン版へ

ばんえい記念にかかるさまざまな記録

  • 2019年03月19日(火) 18時00分

大一番の後にもうひとつ注目を集める記録が


 中央でも地方でも平地の競馬ではクラシックの前哨戦が盛り上がりを見せているが、4月から翌年3月までが1シーズンのばんえい競馬は、3月24日にいよいよシーズン最後の大一番、ばんえい記念を迎える。

 登録は8頭。このレース3連覇のかかるオレノココロを筆頭に、同世代のライバル・コウシュハウンカイ、2016年の覇者で引退レースとなるフジダイビクトリー、2歳時から重賞を勝ちまくり7歳にして満を持してのばんえい記念初挑戦となるセンゴクエース、高重量戦にも対応できるようになったシンザンボーイなど、この大一番を目指してきた有力馬が揃いそうだ。

 中でも絶対的な存在となっているのがオレノココロ。もし勝てば、ばんえい記念3連覇は、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング