スマートフォン版へ

注目馬が続々、北海道2歳戦

  • 2019年05月14日(火) 18時00分

新種牡馬の産駒2頭の勝利も


 4月17日に始まったホッカイドウ競馬の開催も、先週(5月9日)までで第2回開催が終了。この時期の門別競馬場にとっては最大の難敵である濃霧に来襲されることもなく、無事にレースが行われている。

 2歳馬のJRA認定競走はここまで11レースが行われたが、ホッカイドウ競馬らしく早くも注目の血統馬が勝ち名乗りを挙げている。

 まずは開催初日に行われた高額賞金(1着300万円)のスーパーフレッシュチャレンジを7馬身差で圧勝したのがヨハネスボーイ(牡、桧森邦夫厩舎)。父がヨハネスブルグで、祖母がデュランダルの姉という血統だ。

 4月24日のフレッシュチャレンジを逃げ切って5馬身差の圧勝となったのはプリモジョーカー(牝、角川秀樹厩舎)。昨年、北海道2歳優駿を制し(着順誤認のあと1着に変更)、NARグランプリ2歳最優秀牡馬に選出されたイグナシオドーロの下で、父はスズカコーズウェイ。生産・馬主はおなじみのグランド牧場だ。

 5月8日のフレッシュチャレンジを1分1秒7(1000m・稍重)という

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング