スマートフォン版へ

新人騎手の活躍

  • 2018年11月13日(火) 18時00分

ヤングジョッキー最強世代


 先週7日(水)、ヤングジョッキーズシリーズ・トライアルラウンド園田が行われた。その第1戦では、佐賀の出水拓人騎手が逃げ切り、2着にJRAの西村淳也騎手、3着に地元兵庫の石堂響騎手が入り、この日、地方・中央合わせて4名出場していた今年デビューの新人騎手のうちの3名で上位独占。そして第2戦でも地元の石堂騎手が2着に入る健闘を見せた。トライアルラウンドは21日(水)の浦和を残すのみで、西日本地区はこの園田が最終戦だった。

 今年のルールでは、出場全レースのうち上位着順を得た4レース分のポイント合計によって順位が決まる。そして地方・中央とも、東西を通じて最高ポイントの騎手がまずファイナル進出が確定し、その騎手を除き、東西それぞれ上位3名の計7名がファイナル出場となる。

 トライアルラウンド園田が終了した時点で、西日本地区の上位3名をファイナル出場確定と報じているところもあるようだが、出場騎手の確定はトライアルラウンド浦和が終わってからの発表となっている。というのも

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング