スマートフォン版へ

7カ月のシーズンを締めくくる道営記念

  • 2019年11月12日(火) 18時00分

最終日には騎手との交流会などで”らしさ”演出


 初めての浦和開催となったJBCが終わり、道営記念も終わると、地方競馬はいよいよ年末モード。特に今年はJBCから中2日で道営記念だったため、あわただしいままに過ぎた。調べてみると2003年にJBC(11月3日)より前の10月30日に道営記念が行われた年があったが、以降、道営記念はJBCの翌週以降に行われてきた。今年の11月7日というのは、その2003年以来の早い日程だった。

 そして行われた道営記念は、2017年7月以来門別では無敗のスーパーステションが脚部不安のため不在となっての混戦。勝ったのは3番人気の3歳馬リンノレジェンド。夏以降に力をつけ、大井の黒潮盃、盛岡のダービーグランプリと、3歳馬同士の地方全国交流レースを連勝、今回が古馬初対戦だった。

道営記念を制したのは3歳馬リンノレジェンド


 リンノレジェンドを管理する林和弘調教師は道営記念5勝目。最多6勝の堂山芳則調教師の記録にあと1勝と迫った。馬主の林正夫さんは、林和弘調教師の父で、道営記念は騎手時代に3勝、調教師として2勝、そして馬主としても2勝目という記録となった。

 「ホッカイドウ競馬に関わる人なら誰もが勝ちたいレース」ということは

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング