スマートフォン版へ

JRA見習騎手の地方での減量

  • 2016年04月15日(金) 18時00分


◆所属にかかわらず若手騎手にチャンスを与えるということはあってもいいと思う

 13日に行われた船橋・マリーンCは、地方初参戦で注目されたブチコの競走除外はなんとも残念だったが、この日は藤田菜七子騎手の騎乗もあって船橋ナイターは普段にはない盛り上がりを見せた。

 藤田騎手は、これで地方では川崎、高知、浦和、金沢、船橋で騎乗して31戦4勝、中央は52戦1勝という成績。中央の同期デビュー組との比較で技術的な評価はまだこれからとしても、デビューから1カ月半ほどでこれほど様々な競馬場で多くの騎乗機会を得ているということでは、きわめて貴重な経験となっているであろうことは間違いない。

 そして藤田騎手の地方競馬での騎乗では、JRAの見習騎手に対する主催者ごとの扱いで、さまざまなことがわかって興味深い。

 最初の川崎(3月3日)では、藤田騎手には見習騎手の減量がまったく適用されなかったことがネットなどでも話題になっていた

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング