スマートフォン版へ

ダート女王争いで一歩抜け出したワンミリオンス/エンプレス杯・川崎

  • 2017年03月02日(木) 18時00分

撮影:高橋 正和




1頭だけ突き抜けたワンミリオンス


 エンプレス杯はグリーンチャンネル・地方競馬中継の解説だったのだが、当然レース前に展開を予想するところがあり、前日にそれを考えていたところ、逃げ馬がまったくいないことに気づいた。高知のサンタレジーナが逃げ先行のレースをしているものの、さすがに能力の違いもあり、中央勢や南関東の有力馬を制してまで逃げることは考えられない。とある専門紙の展開予想でも、「強いてあげれば」という感じでヴィータアレグリアが逃げるのではないか、としていた。

 果たして、やはり先行争いにはならず、押し出されるような感じで外目の枠から先頭に立ったのはリンダリンダだった。以前は中団〜中団後方を追走していたが、前走TCK女王盃では、レース前からの作戦として積極的に3番手を追走。それで直線3頭での接戦となってワンミリオンスに3/4馬身差で2着と好走していた。結果的にそのときの積極策が今回も生かされることになった。

 逃げ馬不在で、おそらくそうなるだろうと思ったが、先頭に立ったリンダリンダがホームストレッチに入るとさらにペースを落とし、一団馬群の馬たちは我慢比べの様相。川崎2100m戦ではよくあることだが、それでたまらず中団から一気にハナを取りに行ったのが、逃げるかもしれないと思われていたヴィータアレグリアだった。

 人気のワンミリオンスはタイニーダンサーを前に置いて折り合いに専念していたが、戸崎騎手は待ってましたとばかり、ヴィータアレグリアにぴたりとついていった。

 これでレースが流れた。川崎2100mでは、ともすれば道中で14秒台のラップが続くようなこともあるが、14秒1というラップを記録したのは残り1000mから、2コーナーあたりの一度だけ。その後向正面からはペースアップして12秒台のラップとなり、前半に楽をしているぶん、前3頭での争いとなった。

 直線を向いての追い比べから、力強く抜け出したのはワンミリオンス。2着から6着馬の上り3Fが38秒6〜38秒9で、ほとんど同じ脚色になったところ、ワンミリオンスだけは38秒2で伸びた。前半の1100m通過が72秒4というスローペースだけに、上りはもう少し速くなってもよさそうだが、相当に乾いて力のいる馬場になっていたのだろう。そこから1頭だけ突き抜けたワンミリオンスは、単勝1.8倍という人気どおり1頭だけ力が抜けていた。アムールブリエが引退し、ホワイトフーガが今回は不在となって、ワンミリオンスはダートの女王争いから一歩抜け出したと言っていいだろう。

 リンダリンダは3コーナーあたりから吉原騎手の手が動き出して位置取りを悪くしたものの、直線半ばから盛り返し、最後はヴィータアレグリアをとらえての2着。専門紙に掲載されていた調教師のコメントには「少し距離が長いかもしれない」とあったのだが、TCK女王盃での直線での粘り、そして今回もゴール前で盛り返しているところから、リンダリンダはマイル以下よりもむしろ1800m以上で粘り強さを発揮するのではないかという印象だが、どうだろう。

 スローペースとなって前3頭での決着は昨年のエンプレス杯と同じ。昨年、アムールブリエの直後3番手を追走して2着に入ったヴィータアレグリアは、今回は1周目のスタンド前からみずから流れをつくって3着に踏ん張った。

 そして4着に突っ込んできたのが川崎のポッドガゼールで、結局TCK女王盃とは1、2、4着馬が同じという結果。たとえば速い流れで先行勢総崩れというような展開にでもなれば、牝馬同士のダートグレードなら出番があるかもしれない。ロジータ記念3着など地方同士の重賞でも勝ちきれていないが、この2戦で力をつけたと見ておくべきだろう。

 タイニーダンサーは3コーナーあたりでリンダリンダをとらえ3番手に位置取りを上げたあたりでは手ごたえもよかっただけに、おっ!と思わせたが、結局直線で伸びる脚はなく5着。2着に入った昨年12月のクイーン賞でも、直線を向いたあたりではトロワボヌールをとらえようかという勢いがありながらゴール前で失速していたように、最後の粘りに欠けるところは父サウスヴィグラスゆえだろうか。

 タマノブリュネット、ブランシェクールは中団追走の位置取りで、前半スローの前残りの展開では、全体がペースアップした向正面から追いかけたのではさすがに前はつかまえられない。特に今回重賞初挑戦だったブランシェクールはスタートで出負けした上に、3〜4コーナーでは大外を回らされてというロスもあった。引き続き左回りには疑問が残るが、右回りになる門別のブリーダーズゴールドCに出走してくれば見直す必要はあるかもしれない。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング