祐言実行/福永祐一

【ユーザー質問】祐言実行Q&A『“幻のダービー馬”シルバーステート 1年7カ月ぶりの復帰』

2017年06月06日(火)18時01分

注目数:101人
祐言実行

▲クラシック戦線を前に屈腱炎を発症したシルバーステートが復帰戦のオーストラリアTを快勝、今後に向けての手応えとは (C)netkeiba


今は先のことより、目の前の一戦一戦を


Q. シルバーステートが復帰戦のオーストラリアTを快勝しました。「幻のダービー馬」とも言われる馬で、復帰が待ち遠しかったです。ぜひ今後に向けた福永騎手の手応えをお聞きしたいです。

 シルバーステートにとって、1年7カ月ぶりの実戦となったオーストラリアT(5月20日・京都12R・芝1800m)。長期間休養したことで、かつての非凡なエンジンや強さがなくなっていたら…という不安もあったが、それも杞憂に終わった。

 調教の時点で思ったが、やはりこの馬のエンジンは凄い。最終追い切りは坂路で強めに追い、53.3-38.2-24.6-11.9。やればやるだけ動くから、これでも加減をしながらの調整だった。

 ただ、以前このコラム(2015年12月22日)でシルバーステートを取り上げたとき、「無理をさせなかったことが、のちのち吉と出る可能性は大きい」と書いたが、休養を経た今も、まだエンジンの性能にボディの完成度が追い付いてない印象を受けた。実際、体付きにも余裕があったし、調教での息遣いもまだ本物ではなかった。だから、正直なところ、復帰戦は無事に回ってきてくれるだけでいい──そんな思いで臨んだ一戦だった。...
続きを読む

続きをお読みいただくには、ベーシックコース(月額250円(税別))への登録が必要です。既にご登録済みの方はこちらからログインしてください。ご登録いただきますと、スマホ版でもご覧いただけます。

質問募集

● 福永祐一 / 祐言実行

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

質問フォームへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
祐言実行とは

2013年、念願のJRA賞最多勝利騎手に輝き、いまや押しも押されもせぬトップジョッキーのひとりとして、日本競馬界を牽引する福永祐一。“福永洋一の息子”として、長年プレッシャーと戦いながら、ときに挫折を味わいつつも、決して自分自身と向き合うことを恐れなかった。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線で語るレース回顧『ユーイチの眼』や最新の『喜怒哀楽』、さらには福永祐一のルーツに迫る『祐一History』など、盛りだくさんの内容でお届けするコラム。彼のバイタリティーのすべてがここに。

コラムニストプロフィール

福永祐一
福永祐一
1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

福永祐一『祐言実行』バックナンバー