スマートフォン版へ

「跳ねる指数」を狙い打つのが『阪神JF』の必勝法か?

  • 2017年12月11日(月) 12時00分

(c)netkeiba.com



 全体的に今週は結果が良い方に出てくれました。

 特に妙味だったのが、日曜日の阪神メインを的中した直後の中山最終12レース。個人的にも狙いのレースだったのですが、本命◎を打った6番人気フクノグローリアがズバリ1着になってくれて馬単は◎△で1万5千円台。◎△○3連単は8万円台をつけました。

 私の予想をいつも見ていただいている方はわかると思いますが、前走同距離コースでの高指数(しかも着順に反映されていない人気薄)は絶好の狙いパターン。これが見事にハマってくれたわけです。しかし大体こういったタイプの馬は人気になってしまうのですが、今回ばかりは完全に人気の盲点となっていました。

「こういう絶好のレースだけを買っていれば年間馬券収支はかなりプラス

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング