スマートフォン版へ

【教訓】不発で夏のミステリーシリーズが増えていく?/函館記念

  • 2018年07月16日(月) 12時00分

(撮影:武田明彦)



 またも暑い週末。

 人間は「外での運動は危険です」といっているのに馬は走ってくれています。大変だと思います。でもやっぱり「暑さは苦手」とか「割と平気ー」いう馬もいるはず。だから夏競馬は大きく荒れるのです。平場もメインも。

 函館記念。今年もまた荒れました。

 上位3頭にキッチリ印を打てた昨年とは一転。今年、印を打てたのは2着馬の△だけ。自分の本命◎は4着…。まったくもって方向違いの結末になってしまいました。レース後検討してみましたが、この結果を導き出す手順は見つかっておりません(泣)。

【検証ナンバー142】
サンプルレース名/2018年07月15日(日)函館11R・函館記念(GIII)芝2000m

【レース前状況】
 近年3連単は10万円を超える荒れるハンデ戦として知られるレース。1番人気は最近7年は馬券になっていない。1番人気はルメール鞍上トリコロールブルーとなった。休み明けの『鳴尾記念』3着馬。さてジンクスを覆すことはできるのか。2番人気は前走函館『巴賞』の重馬場で最速上がりを出しているブレスジャーニー(柴田善)。3番人気は前走『新潟大賞典』1着スズカデヴィアス(三浦)。人気は続いて半年の休養明けブラックバゴ(岩田)、前走『エプソムC』5着エアアンセム(藤岡佑)、『巴賞』1着ナイトオブナイツ(池添)と続いていた。

【レース結果】
1着エアアンセム    牡7(5番人気)
2着サクラアンプルール 牡7(8番人気)
3着エテルナミノル   牝5(13番人気)

【払い戻し】
単勝 960円
枠連 1440円
馬連 5540円
馬単 1万1310円
3連複 11万9750円
3連単 57万1480円

結果は、いつも【教訓】を上回ってくる?


 昨年はあとちょっとのところで3連単91万円を獲り逃したレース。

 悔しさもあって、コラムでは今年に向けての作戦を練りに練り上げた。

 それが以下の【教訓】5つ

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング