スマートフォン版へ

女性騎手のさきがけ! ふたたび競馬場に戻ってきた山本泉元騎手のいま

  • 2018年06月19日(火) 18時01分
馬ニアックな世界

▲元騎手の田島(旧姓:山本)泉さん、現在のお仕事は“誘導馬騎乗者”


かつて2歳馬が「3歳」と呼ばれていた頃、夏の新潟3歳戦・ダリア賞で地方馬とある女性騎手が追い込んで2着という快挙がありました。ほどなくして彼女は妊娠を機に騎手を引退しましたが、18年の時を経てふたたび馬に跨る決意をしました。今度は競走馬ではなく、誘導馬。大井競馬場で華やかな衣装に身を包み、レースを引き立てます。今回の「ちょっと馬ニアックな世界」は騎手を引退しながらも、ふたたび競馬場に戻ってきた元騎手・田島泉さん(旧姓:山本)のお話です。


ダリア賞2着の女性騎手に訪れた転機


 普通の女子高生だった田島さんが騎手の道へと進むきっかけは、オグリキャップの有馬記念でした。

「ラストランの復活劇を見て『カッコイイ』って感動して、近所にあった乗馬クラブ兼牧場に押し掛けて行ったんです(笑)。それまで運動とかも特にはしていなくて、本当に憧れだけでした」

 自身の性格を「頑固でマイペース」という意志の強さが、競馬の世界へいざないました。

「JRA競馬学校を受験したんですが、2次試験でダメでした。その年に初めて女性候補生が合格して、話題になりましたね。次の年に増沢由貴子さん(旧姓:牧原)、田村真来さん、細江純子さんがお入りになりました。ちょうど女性の受験者が増えてきた時代じゃないかなと思います。私はその後、地方競馬教養センターを受験し、合格しました」

 当時、地方競馬には今よりも多くの女性騎手が在籍していました。地方競馬教養センターに入学した田島さんの同期にも他に2人、女性騎手候補生がいたといいます。

元女性騎手同士の掛け合い!山本泉さん×赤見千尋さんのインタビューも公開中

 1995年4月、大井競馬からデビュー。

「あの頃、船橋には女性騎手が多くいたんですが、大井は私だけだったので、遠征で女性騎手が来ると嬉しくて、彼女たちを捕まえて喋っていました(笑)」

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬リポーター。競馬番組のほか、UMAJOセミナー講師やイベントMCも務める。『優駿』『週刊競馬ブック』『Club JRA-Net CAFEブログ』などを執筆。小学5年生からJRAと地方競馬の二刀流。神戸市出身、ホームグラウンドは阪神・園田・栗東。特技は寝ることと馬名しりとり。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング