スマートフォン版へ

今の東京の馬場レベルを考えると……!/NHKマイルC

  • 2019年05月02日(木) 19時00分
 こんにちは、むねひろ よしたかです。

 日曜日(5日)の午前7時50分発走のケンタッキーダービー(GI)(ダ二千)も馬券発売の対象レースとなります。アメリカのクラシックレースを買える日が来るとは、ひと昔前には想像出来ませんでした。

 非常に楽しみです!!

 日本のダートが粒子の細かい“砂”であるのに対して、アメリカのそれは粘っこい“土”といったイメージとなります。根本的に違うこの馬場レベルをこなせるかどうかはやってみなければ分からないというのが本音です。

 ドバイもアメリカのダートと同じと考えて良いもので、ヴィクトワールピサが勝った2011年のドバイワールドCは、タペタと呼ばれる砂にゴム片と人工繊維を混ぜ特殊ワックスでコーティングしたオールウェザーで行われたもの。

 ドバイやアメリカのダートにどのような日本馬が高い適性を持っているのかは、今でもまだ掴み切れていないように感じます。相手関係も問題ではありますが、この砂質に対応出来るかどうかが最大の課題と言えます。

 日本から挑戦するマスターフェンサーは実績こそ劣りますが、その“適性”に注目したいところです。

◆NHKマイルC
ターゲット馬→

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

日本屈指の理論派で、高配当馬券に注目する“競馬穴リスト”。馬場レベルを基本とする『激走レンジ<range>』を駆使するのは既に有名だが、『馬券の買い方』についてもこれまで世になかったメカニズムを発表し、第一人者となる。グリーンチャンネル『KEIBAコンシェルジュ』でも活躍中。主な著書に『同じ予想でプラスになる人、ならない人』など。
公式ホームページ名は『ムネヒロネット』。

ウマい馬券にて『激走レンジ』の予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング