スマートフォン版へ

【七夕賞】脚質が極端にわかれた有力各馬、展開利を受けそうなのは?

  • 2019年07月05日(金) 18時00分

懸念材料は様々、かなりの人気割れが見込める一戦


 かなり人気割れしそうな七夕賞。週末の天気次第でさらに混沌としてきそうだが、とりあえず天気と馬場については考えないでおく。

 トップハンデはミッキースワロー。GIや別定GII、定量GIIを使われてきたが、今年は現実路線でGIIIに。新潟大賞典では今回と同じハンデで2着。前走は2番人気に推されたが、驚くようなスローペースに殺されて10着と大敗してしまった。この経緯を考えるとGIIIでニュートラルな条件なら勝ち負けになるはず。追い込みタイプなので福島で買いづらい面はあるが、格の面では評価できる馬だ。

 ストロングタイタンは半弟がセレクトセールに出る直前だし、いいところを見せたいレース。レースごとのムラはある馬だが休み明けはこなすので、ローテで人気が落ちるなら逆に手を出す価値がある。ただレコード勝ち2回という馬なので、雨は来てほしくないところだろう。

 ブラックスピネルは逃げると怖い面があるが、今回はマルターズアポジーとの兼ね合いがある。マルターズが譲るとも考えづらいし、好走があるとしたら離れた第2先行のような形になったケースか。

 上がり馬タイプではロシュフォールが上位人気になりそう。既に新潟大賞典で3着しているし、重賞レベルで通用することは確認済み。ただミッキースワローと同様、脚質が脚質だけに展開も向かないと福島では届ききらない可能性も。また毎回上がり最速、条件次第では32秒台も出すというタイプだけに馬場状態も気にしたいところだ。

 タニノフランケルは本来こういう条件で期待したい馬なのだが、ここ2走の内容がいまひとつで、それをどう解釈するか。デキの問題でないならよいのだが。また、中山金杯→小倉大賞典→ここと持ちハンデが1キロずつ上がっているので、それも克服すべき課題となる。

 ここまで挙げた上位人気勢を見ると、位置取りの極端な馬が多いことに気付く。どちらにも味方しない展開なら、道中中団にいるような馬に注目すべきか。クレッシェンドラヴあたりはその候補で、時計がかかる馬場ならそれもこの馬にはプラスになりそう。あとは重賞で通用するかと、その確率に見合うオッズかどうかだ。

 後ろからの競馬になってしまうかもしれないが、クリノヤマトノオーも気になる存在。小雨・稍重・内回り芝2000のサンタクロースSで道中5番手から勝っているので、それに近い競馬をしてくれば面白いと思う。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年東京生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も手掛ける。競馬予想に期待値という概念を持ち込み回収率こそが大切という考え方を早くより提唱したほか、ペーバーオーナーゲーム(POG)の専門書をはじめて執筆・プロデュースし、ブームの先駆けとなった。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング