スマートフォン版へ

メイショウカイドウも大好き!馬の温泉(2)入浴前の一仕事も若さを保つ元気の秘訣!?

  • 2019年08月13日(火) 18時00分
第二のストーリー

▲福島で第3の馬生を過ごすメイショウカイドウ(撮影:佐々木祥恵)


月20日ほど研修生たちとともに


 JRA競走馬リハビリテーションセンター所長の塩瀬友樹さんの案内で厩舎に到着すると、メイショウカイドウが馬房から顔をのぞかせていた。ターフに別れを告げてから約12年の歳月が流れ、今年20歳になったカイドウだが、まだ目力があり、表情も若々しい。カメラを向けると、こちらにチラッと視線を送ってくれた。そうこうしているうちに、入所している競走馬たちの午後のリハビリや手入れ等を終えた研修生たちがやって来て、カイドウの馬装を始めた。

 午後3時過ぎ―これから研修生たちの騎乗訓練が行われるのだ。カイドウの隣の馬房には、黒っぽい馬がいた。2007年の天皇賞・春(GI)2着馬エリモエクスパイアだ。こちらは顔付きがシャープで、気性もキリッとしている印象を受ける。エリモエクスパイアも馬装をされて、研修生を背にした2頭は厩舎を出て馬場へと向かった。

第二のストーリー

▲キリっとした表情のエリモエクスパイア(撮影:佐々木祥恵)


 騎乗訓練に使用されている馬場は、リハビリ中の現役競走馬が使用する際には、軽めの運動やウォーミングアップを行う角馬場の役割を果たしている。馬場の外側は1周400mのトラックコースになっており、前回も紹介した通り、このコースでリハビリ最終段階の騎乗調教が行われている。 

 20歳のカイドウと今年16歳になったというエリモエクスパイア。

「おじいさんとおじさんですね(笑)」と塩瀬さんは冗談めかして2頭を表現していたが、月に20日ほど研修生たちの練習相手をしているだけあって、両頭とも引き締まった体に映る。

第二のストーリー

▲馬場へ向かうカメイショウカイドウ(C)netkeiba.com


「カイドウは、加齢変化で背中が弓なりになってきていますけど、肩先の筋肉は現役の競走馬にも負けないぐらいしっかりついていますし、健康状態も至って良好ですね」(塩瀬さん)

 研修生の指示に従ってスムーズな動きをするカイドウは、操縦性が良くて乗りやすそうに見受けられた。

「ハミ受けをさせてしっかりと動かして、駈歩までさせるという感じで、確実に乗るための練習に使うことが多いですね。ただカイドウは、日によって(動かす時に)とても重いので、少し苦労することもありますね」

 と説明してくれたのは、筑波大学馬術部出身で研修生の貝塚秀樹さんだ。スムーズな動きに映った取材当日は、比較的反応良く動いていた日だったのかもしれない。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

北海道旭川市出身。少女マンガ「ロリィの青春」で乗馬に憧れ、テンポイント骨折のニュースを偶然目にして競馬の世界に引き込まれる。大学卒業後、流転の末に1998年優駿エッセイ賞で次席に入賞。これを機にライター業に転身。以来スポーツ紙、競馬雑誌、クラブ法人会報誌等で執筆。netkeiba.comでは、美浦トレセンニュース等を担当。念願叶って以前から関心があった引退馬の余生について、当コラムで連載中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング